• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • フォトアカデミー
  • コミュニティ
  • サポート

ユーザビリティの深化。

4K動画

4K動画記録

4Kの高精細な動画を記録可能(3840×2160、30p/24p)。タッチパネルの採用により、操作音に配慮しつつ撮影機能や露出を設定できます。また、SR II(ボディ内手ぶれ補正機構)による手ぶれ補正を活かした撮影が可能です。

拡張性

無線LAN

専用アプリケーションImage Syncを利用することで、モバイルデバイスと無線LAN通信が可能です。カメラからの転送予約(無線LAN接続時に自動で画像を転送)や、転送する画像サイズを自動で小さくするオートリサイズ機能など、柔軟に画像を管理・活用できます。また、リモート操作に対応します。

Image Sync 詳しくはこちら

「Image Sync」はApp Store(iPhone用)または、Google Play™
(Android™用)から無償でダウンロードできます。

対応OSについては、ホームページまたはお客様相談センターにてご確認ください。

Bluetooth Low Energy対応

Bluetooth4.2に対応。モバイルデバイスが取得した位置情報をImage Syncから転送し、撮影時に画像に記録できます。フィールドで撮影した画像の管理に便利です。

ワイヤレス操作 イメージ

USB充電

USB端子(USB Type-C)を搭載。付属のUSB電源アダプターのほか、パソコンやモバイルバッテリーからのUSB充電に対応しています。ACアダプターK-AC166Jとの接続により、約2.5時間で充電が可能です。

USB充電 イメージ

バッテリーグリップ D-BG8

別売のバッテリーグリップ D-BG8を装着することにより、縦位置撮影時のホールド性が向上し、撮影可能枚数が大幅にアップします。カメラに装着した状態でも、カメラのUSB端子を使用して充電が可能。優先使用に設定した側のバッテリーから充電を開始でき、電源管理が効率的に行えます。

バッテリーグリップ D-BG8 イメージ

優れた縦位置操作性

カメラに新設されたスマートファンクションボタンとダイヤル、測距点レバーを搭載しており、縦位置で構えても横位置と同様の操作が可能です。また、カメラと同様の防塵・防滴構造を採用し、高い耐環境性能を確保しています。

優れた縦位置操作性 イメージ

Digital Camera Utility 5 ™

RAW展開とJPEG/TIFF形式での保存、画像の調整、ファイル管理が可能なソフトウェアを付属。定評あるSILKYPIX®のエンジンを採用。高速化したRAW展開と豊富な調整可能項目により、画像仕上げが快適に行えます。

メインウインドウ構成(Browserモード)

Browserモード イメージ

1ナビゲーションパネル

2コントロールパネル:〈画像情報〉

3コントロールパネル:〈撮影情報〉

4コントロールパネル:〈著作権情報〉

メインウインドウ構成(Laboratoryモード)

Laboratoryモード イメージ

1コントロールパネル:〈撮影情報〉〈履歴〉

2コントロールパネル:〈画像情報〉〈マップ〉

3コントロールパネル:〈カスタムイメージ〉〈ホワイトバランス〉
〈露出/トーン〉

4コントロールパネル:〈レンズ収差補正〉〈ノイズリダクション〉
〈回転/シフト〉

写真表現を広げる多彩な機能

アストロトレーサー

GPSユニットO-GPS1(別売)を装着すると、赤道儀なしで天体追尾撮影が可能です。GPS情報から天体の移動方向を求め、イメージセンサーを天体の動きと同調させて動かすことで、長時間露光しても星が流れることなく、微光星も点像として美しく描写します。

撮影前にGPSユニットのキャリブレーションが必要です。詳しくはこちらまたは使用説明書をご確認ください。

被写界深度ブラケット/モーションブラケット

絞り値やシャッター速度を段階的に変え、ボケ具合や動感の異なる3枚の画像が得られます。

明瞭度/肌色補正

[明瞭度]は、金属の光沢感、空や水しぶきの透明感など被写体表面の滑らかさを調整することで、質感や明瞭感をコントロールできます。
[肌色補正]は、髪や衣装、背景は高解像のまま、肌を柔らかな質感と健康的な色合いに再現します。

HDR (High Dynamic Range)

明暗差が大きなシーンでも、白とびや黒つぶれを抑えた描写が得られます。
RAW保存もできるため、カメラ内RAW展開でHDRの段階やOFFを選んで現像が可能。

多重露出

[平均][加算][比較明]の3とおりの方法で、複数の画像を1枚に合成します。

インターバル撮影・インターバル合成

[インターバル撮影]は、指定した条件でカメラが自動的に一定間隔で撮影を行います。
[インターバル合成]は、インターバル撮影した複数の画像を、指定した方法で合成するクリエイティブ機能です。

編集機能

トリミング(アスペクト比変更可、傾き修正可)による構図の調整や、レベル補正、ホワイトバランス補正などによる画像補正が行えます。
さらに18種類(撮影時は11種類)のデジタルフィルターを選択し、ユニークな表現が楽しめます。1枚につき最大7回の重ねがけが可能です。

AFカスタマイズ

被写体の動きや撮影条件によって、オートフォーカスの動作設定を変更できます。

自動水平補正・構図微調整

手ぶれ補正機構SR IIを活用し、画面の左右の傾きの自動補正や、上下左右および回転方向での構図微調整が可能です。

レンズ補正

レンズ特性によって生じるディストーション(歪曲収差)、周辺光量低下、倍率色収差に加え、絞り込み時の回折現象による解像力の低下も補正することができます。

ボディ内RAW現像

RAWデータをカメラ内で現像し、JPEGまたはTIFFで新規保存できます。ホワイトバランスやレンズ補正などのほか、カスタムイメージでの詳細なパラメータ設定もじっくり行い、納得のいくまで画像仕上げが行えます。

その他の機能

ライブビュー(LV)撮影機能 / 露出補正±5EV / 電子水準器

APS-C専用レンズラインアップ

数値では測れない領域まで開発者の感性をも盛り込み、空気感までも写しだすLimitedレンズ、息をのむような描写力で撮影者の心を震わす高性能を追求した、スターレンズシリーズをはじめとした、充実のAPS-C専用レンズ。機動力に優れ、超広角から超望遠までの幅広いラインアップがペンタックスの特長です。

ページトップへ