• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • フォトアカデミー
  • コミュニティ
  • サポート

RICOH GR III/GR IIIx

RICOH IMAGING STORE RICOH IMAGING STORE

機能拡張ファームウェアは、ご愛用いただいているRICOH GR IIIに新機能や設定可能な項目などを増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするものです。

機能拡張内容 GR III バージョン1.50 ※ RICOH GR IIIxには標準で搭載されていますダウンロード

RICOH GR III のファームアップ(ver.1.50)を行うことで、以下の機能が追加されます。

1. プログラムライン「深度優先(深い)」

プログラムラインに[深度優先(深い)]を搭載。
プログラムモードでの撮影において、絞りを絞った状態(F8.0)を優先的に維持するプログラムラインです。被写界深度を深くし、フォーカスモードのスナップと組み合わせることでパンフォーカスでの撮影を気軽に行えます。


1/8秒, F8, ISO400, 0EV, WB: 日陰

2. 顔/瞳検出オートフォーカス

従来の「顔検出」に加え、瞳の検出によるオートフォーカスが新たに追加。顔もしくは瞳にピントがあった時、枠で表示します。[オートエリアAF][セレクトAF][ピンポイントAF]時に有効です。また、[オートエリアAF]時のみに機能させることもでき、人物優先でも被写体によってAF枠を固定したい場合、顔/瞳検出をオン/オフすることなく、フォーカスモードの切り替えだけで対応できます。


※ イメージ

3. 画像編集が進化

再生メニューの「トリミング」に、アスペクト比4:3と16:9を追加。従来の3:2と1:1に加え、4通りのアスペクト比による画像トリミングが可能です。
また、画像を回転させることで微妙な傾きが調整可能に。0.1°刻みで±45°まで、調整したうえでトリミングすることができます。

再生メニューの「JPEG画像調整」に、モノトーン化を追加。JPEGのカラー画像をモノトーンにできます。さらに「フィルター効果」や「調色」といったモノトーン独自の調整を加えることで、クリエイティブな表現も楽しめます。

4. RAW現像が快適に

RAW現像後、「継続」を選択することにより、同じRAWデータに対して設定を引き継いだ状態から現像を続けることが可能です。

RAW現像において、イメージコントロール等の設定変更が表示に反映する時間を短くしました。

5. オートリサイズ転送

スマートデバイス用アプリ[Image Sync]を利用し、撮影画像サイズを自動的にXSにリサイズして転送させることが可能です。
※ Image Syncは最新のバージョンをお使いください。

6. その他

全体的な動作の安定性を向上しました。

ファームウェアダウンロード

ファームウェアダウンロードはこちら

更新履歴

機能拡張内容 GR III バージョン1.41

RICOH GR III のファームアップ(ver.1.41)を行うことで、以下の機能が追加されます。
※ RICOH GR IIIxには標準で搭載されています

フルプレススナップが画面タッチ操作で可能に

あらかじめ指定した距離にピントを合わせて撮影するフルプレススナップが、シャッターボタンの一気押しに加えて、画像モニターのタッチ操作でも可能になりました。
一瞬のシャッターチャンスに対応するGRならではの速写機能です。

操作カスタマイズメニュー[タッチAF]の選択項目に、[フルプレススナップ]が追加されます。

フルプレススナップ撮影では、ピント位置検出のためのタイムラグがありません。
撮影距離は、1m, 1.5m, 2m, 2.5m, 5m, ∞から選択できます。

GR official
企画担当者が語る”フルプレススナップ”

※RICOH GR III Street Editionの電源OFF時に表示されるオリジナルデザインは、ファームウエアアップデート後も保持されます。

機能拡張内容 GR III バージョン1.30

1. クロスプロセス

静止画、動画ともに画像仕上げ設定メニュー[イメージコントロール]に[クロスプロセス]を追加しました。
クロスプロセス撮影をすると、実際の色とは大きく異なる色合いの画像が生成されます。イメージコントロール内の項目を調整することで、色調やコントラストを変えたり、四隅の明るさを変化させることで作品作りを楽しむことができます。

デフォルト

2. ADJ/露出補正レバーへの機能登録

操作カスタマイズメニュー[ADJモード設定]に[クロップ][タッチAF]を登録できるようにしました。
撮影モードでADJレバーを押し込むことで、登録した機能を簡単に呼び出すことができます。

3. Fnボタンへの機能登録

操作カスタマイズメニュー [Fnボタン設定] に [タッチAF] を登録できるようにしました。
撮影途中などに、より少ない手順で[タッチAF]の動作を変更したいときに便利です。

その他、全体的な動作の安定性向上に加え、以下の機能改善も行っています。

4. 暗所・低コントラスト時の[マクロモード]のAF性能を改善しました。
5. RAW現像にて [JPEG記録サイズ] の設定を変更して現像した場合、次回以降の初期値として引き継ぐよう変更しました。
6. シャッターボタンで撮影準備をする際、電子水準器がガイド表示で隠れてしまう点を変更しました。

機能拡張内容 GR III バージョン1.20

1. 粒状感設定

イメージコントロール内のモノトーン系設定で「粒状感」設定ができるようになります。設定できるのは「モノトーン」「ソフトモノトーン」「ハードモノトーン」「ハイコントラスト白黒」です。

◆設定例
「静止画設定」-「[6]画像仕上がり設定」-「イメージコントロール」-「モノトーン」を開きます。

上下キーで「粒状感」を呼び出し、効果の強度を設定します。

効果の強度
-- オフ
1
2
3

◆粒状感の作例

粒状感設定OFF

拡大画像

粒状感 設定3

拡大画像

粒状感 設定2

粒状感 設定3

2. 自動水平補正

自動水平補正機能が使えるようになり、水平出しをカメラがアシストします。

◆設定例
「静止画設定」-「[7]撮影補助」-「自動水平補正」で設定します。オンにすることで、撮影時の左右の傾きを自動的に補正します。

上下キーで「オン」「オフ」を設定します。

※補正範囲について
 SRオン時: 最大 1.0 度まで補正可能
 SRオフ時: 最大 1.5 度まで補正可能

その他、全体的な動作の安定性向上に加え、以下の機能改善も行っています。

3. 再生起動時間短縮

電源オフの状態から、再生ボタン長押しで起動する際の起動時間を短縮しました。

4. 明るさの違う被写体を続けて撮影する場合の応答性を改善

明るさの違う被写体を続けて撮影する場合のレリーズの応答性(レスポンス)を改善しました。

5. オートエリアAF改善

[オートエリアAF]で、稀にピントが後ろ抜けする現象を改善しました。

ページトップへ