• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

次のレンズはどれにする?あなたにぴったりのもう1本

デジタル一眼はオールマイティで使い勝手の良い標準のキットレンズだけではなく、撮る楽しさを広げる個性的なレンズがたくさん! なかでも特におススメしたい4本のペンタックス交換レンズの実力を、 様々なシチュエーションで実感してみてください!(キットレンズ=カメラ本体とセットで購入できるレンズ)

次のレンズはどれにする?あなたにぴったりのもう1本

Situation 01

風景

いつもとは違った視点から風景を撮影したい場合は、DA 35mmF2.4ALがオススメです。
見慣れた風景も視点を変えることでガラッと印象が変わります。

smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮影した写真

smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

ズームレンズの立った視点から撮影した写真は木漏れ日の影の様子も分かりやすい定番のアングルです。地面すれすれのローアングルから撮影するといつもと違った風景が広がります。手前の地面が少しボケて画面の奥行きを強調する効果もあります。

標準ズームキットレンズで撮影した写真

キットレンズ(標準ズーム)

見た目と同じ雰囲気のアングルから撮影するとよく見かける風景になります。ズームレンズを使っていると、変化をつけるときに同じ場所からズーミングだけに頼る傾向があります。単焦点レンズを持つことで、自分が動いてアングルを変える意識を持つと良いでしょう。

Situation 02

人物

人物の自然な表情を撮影するにはDA 35mmF2.4ALが向いています。
会話をする距離で撮影するので、自然な表情を切り取ることができます。

smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮影した写真

smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

ちょっとした会話を交わしながら自然な表情を狙う。大切なのはお互いにリラックスすることです。日陰でのんびりベンチに座りながら撮影しています。開放F値が明るいので、キットレンズより人物が浮き上がって見えます。

標準ズームキットレンズで撮影した写真

キットレンズ(標準ズーム)

単焦点レンズとの開放絞りの違いからピントの合う範囲が少し広くなっています。この条件では、モデルさんが背景に沈んでいるような印象になっています。単焦点と同じような雰囲気にするためには背景の距離がさらに離れる場所選ぶ必要があります。

Situation 03

花

より鮮明に花を撮影したいならDA 35mmF2.4ALがオススメです。
自分の足で動くことで新しいアングルを見つけることができます。

smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮影した写真

smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

背景の建物の印象も入れながら花壇の花を狙っています。キットの標準ズームレンズのように目線から撮ると背景がごちゃごちゃした印象になります。小型軽量な単焦点レンズならではの機動力を生かし、少ししゃがんで花に近づきながらカメラを下から上に向けるだけで、空も入り背景が少し整理されます。

標準ズームキットレンズで撮影した写真

キットレンズ(標準ズーム)

背景が十分に離れているので、キットレンズでも適度に背景をぼかすことができます。アングルを下げれば、単焦点レンズと同じような写真を撮ることも可能です。変化をつけるときに大切なのは、ズーミングに頼らずに動いてアングルを変える意識を持つことです。ズーミングできない単焦点レンズを使ったほうが動く感覚が自然と身につきます。

Situation 04

動物

思い切ったアングルで動物を撮影するならDA 35mmF2.4AL。
動物と目線の高さを揃えることで、より豊かな表情を捉えることができます。

smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮影した写真

smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

可愛い子猫はいろいろなものに興味を示します。興味を引くものを使って視線を誘導すると表情が作りやすいはずです。室内で撮影するときは、意外と暗いので絞りを開けてシャッタースピードが速くなるようにした方が被写体ブレを抑えることができます。

標準ズームキットレンズで撮影した写真

キットレンズ(標準ズーム)

ズームレンズを使っているとついつい収まりの良い構図で撮ってしまうことがあります。単焦点レンズを使って自分が動く感覚を養うと、このレンズを使っていてもアングルを工夫する余裕がでてくるはずです。

人の視野角視に近いスタンダードレンズ

人の視野に近いスタンダードレンズ

標準レンズ

smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

標準レンズ smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮影した写真

写る範囲や遠近感が見た目に自然な写真が撮れるレンズです。単焦点レンズはズームレンズと違って自分が動かなければ変化を得にくいレンズでもあります。特に見た目に近い画角の標準レンズは平凡な画面構成になりやすい傾向にあるので、自分自身が動いてアングルに変化をつけましょう。アングルを探すうちにいつもとはちょっと違った写真が撮れるようになるはずです。

この商品を購入する

ページトップへ