• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

PENTAX K-1

最高レベルで両立した、解像力と高感度。

35ミリフルサイズ
CMOSイメージセンサー  大フォーマットだから生み出せる、
卓越した描写

大きな撮像面とゆとりのある画素ピッチがもたらす、豊かな階調と臨場感、リアリティのある質感。高画素でありながら、ノイズ耐性に優れた35ミリフルサイズのイメージセンサーを採用し、Kマウント史上最高の描写力を実現しました。さらに、被写界深度が浅い特性を生かし、ボケや立体感も思いのままに表現することが可能です。

有効約3640万画素 高画素とローパスフィルターレスが
生む解像力

有効約3640万画素。その解像力は遠くの木々の一葉、水しぶきのひと雫まで捉えるほどで、精緻なディテールを集積した画像には目を奪う迫力とリアリティが宿ります。A2サイズのプリント(300dpi時)にも余りある情報量が得られ、クロップ撮影やトリミングにも余裕で対応。この膨大な画像情報を14bitで処理することにより、階調豊かな美しい画像が得られます。

[ 解像力を活かしきるローパスフィルターレス設計 ]

光学ローパスフィルターは、モアレや偽色を抑える一方で解像力に影響を及ぼします。K-1は“ローパスフィルターレス”設計を採用し、高画素イメージセンサーの解像性能を余すことなく活かします。

PRIME IV  35ミリフルサイズに最適化した
新・画像処理エンジン

新開発の画像処理エンジン、PRIME IVを搭載。PRIME IIIに対して動作周波数を約150%に高速化すると同時に、高画質処理を重視したチューニングを施しました。ノイズ処理アルゴリズムがさらに進化し、高感度での描写力が向上。また、シーン解析システムの高度化、新しい画像処理機能などにより、画作りの精度と安定性を高めています。

PRIME IV

ISO 204800  超高感度と高解像力を両立

ノイズ耐性に優れたイメージセンサーとPRIME IVエンジンの組み合わせにより、ISO 204800の高感度を達成(標準出力感度)。低感度域の画質向上を図り、高感度域でもトーンジャンプやざらつきを抑えた、解像感のある描写が得られます。これまでと同等の画質をより高感度で実現し、撮影限界を拡大できます。

ISO 102400

リアル・レゾリューション・システム
画素数を超えた「超高精細画像」の、息を呑むリアリティ

手ぶれ補正機構SRを応用し、イメージセンサーを1画素ピッチずつ動かしながら4枚を連続撮影。1画素ごとにRGB各色の情報を得ることで、1枚の超高精細画像を生成する技術です。ベイヤー方式では表現できない解像力と色再現性が得られ、偽色も発生しません。また、高感度ノイズを大幅に低減できるのもメリット。拡大表示や大判プリントでなくても、ひと目で分かるほど画質に違いがあらわれます。Real Resolutionで撮影した画像はRAW保存が可能。各種パラメーターの調整や、Real Resolutionのオン・オフを選択してボディ内RAW展開が行えます。

  • 撮影時は三脚などでしっかり固定してください。
  • ドライブモードのセルフタイマー/リモコン/ミラーアップ撮影を利用して撮影してください。
  • 被写体が動いたりカメラぶれが起こると効果が得られない場合があります。

  • リアル・レゾリューション・システム
  • 通常撮影

リアル・レゾリューション・システム

【取得した色情報】

4回の撮影を行い、1画素につきRGBそれぞれの輝度情報を取得

*分解能の高い色・輝度情報から生成するため高解像・多階調

*画素補間を行わないため、色モアレ(偽色)が発生しない

通常撮影

【取得した色情報】

1画素につき1色の輝度情報を取得

カラーフィルターのRGB構成比により、各色の解像度はRとBが1/4、Gが1/2となる

【デモザイク処理】

近傍の画素や輪郭などを参照し、足りない画素を推測(画素補間)

実際の色と予測が異なる部分があると、そこが色モアレ(偽色)となる

※画像はイメージです。

[ 動体補正モードを搭載 ] 

Real Resolution撮影時、新たに動体補正の有無を設定可能としました。連続撮影中に動いた領域を検出し、その影響を低減するよう合成処理を行います。

※動体の動き方によっては補正できない場合があります。また、効果を保証するものではありません。

ローパスセレクター
光学的に偽色・モアレを低減する先進機能

手ぶれ補正機構SRを利用し、露光中にイメージセンサーを微小駆動。微細パターンの撮影で発生しやすいモアレや、エッジ部の偽色を抑える独自の機能です。ローパスフィルターの安心感とローパスフィルターレスの解像力を、表現意図に応じて選べます。

  • 1/1000秒より低速のシャッター速度で撮影時に、十分な効果が得られます。
  • 一部の撮影モードでは使用できません。また、一部の機能とは組み合わせができません。

■ 光学ローパスフィルターの原理

  • カラーフィルター
  • ローパスフィルター

■ ローパスセレクターの原理

サブピクセル精度で微少駆動

回折補正
絞り込み時の回折ボケを低減

回折現象によって生じる解像力の低下を、画像処理で補正します。 レンズデータに基づく適切な処理により、絞り値換算で最大約2段※の補正効果を実現。風景撮影など、解像力を保ちつつ絞り込んで被写界深度を得たいときに有効です。

  • 当社測定基準による。
  • D FA/DA/DA Lレンズ、FAレンズ装着時。ただし、一部、非対応のレンズがあります。

回折補正:OFF

回折補正:ON

レンズ補正/フリンジ補正 収差などを補正し、画面全域で高画質を実現

レンズ特性によって生じる歪曲収差、周辺光量の低下、倍率色収差をカメラが補正。画像の周辺部まで良好な描写が得られます。さらにRAW展開時は、フリンジ補正も可能です。

  • D FA/DA/DA Lレンズ、FAレンズ装着時。ただし、一部、非対応のレンズがあります。

ファイン/
エクストラシャープネス 高画素時代に絶大な威力を発揮する
シャープネス技術

イメージセンサーがいかに高画素・高解像であっても、輪郭が太いシャープネス処理では逆に解像感が失われてしまうこともあります。ファインシャープネスは、一般的なシャープネスより細いラインで、ディテールを細密かつ自然に処理。細部まで緻密な描写が作品のクオリティを高めます。また、細密でありながら輪郭をより強調する、エクストラシャープネスも搭載。低コントラストの被写体の質感を高めたいときなどに有効です。

ページトップへ