• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

PENTAX K-1

機能拡張ファームウェアは、ご愛用いただいているPENTAX K-1に新機能や設定可能な項目などを増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするものです。

新着情報

2016.11.17
「PENTAX K-1」ファームウェアバージョン1.40を公開しました。
2016.09.29
「PENTAX K-1」ファームウェアバージョン1.30を公開しました。

機能拡張内容(バージョン1.40)

天体撮影に便利な各種機能を追加しました。

1. 赤色画面表示

モニター表示に、赤色画面表示機能を追加しました。素早く明るさを調整できるアウトドアモニターと組み合わせてご使用いただくと、天体撮影などで暗所に慣れた目を刺激せずに撮影を継続できます。

2. バルブタイマー機能

バルブモードでの長秒時露光に、10秒から最長20分までのタイマー露光機能を追加しました。グリーンボタンでタイマー露光に切り替えが可能です。天体撮影における長秒時撮影に有用な機能です。


3. ノイズ軽減処理追加

長秒撮影時における、白点ノイズ軽減処理を追加しました。長秒時ノイズリダクションOFF・JPEG記録時に適用されます。天体撮影でのノイズ軽減に効果を発揮します。

機能拡張内容(バージョン1.30)

1. LV電子シャッター

ライブビュー撮影時のレリーズ方法で、通常のフォーカルプレーンシャッターに加えてLV電子シャッターが選択できるようにしました。花などをマクロ撮影する際に、メカニカルシャッターによる振動が発生しないので、撮影時のブレが軽減されます。

2. クロップに1:1サイズを追加

クロップ機能で選択できる画面サイズに、従来の「AUTO」、「FF」、「APS-C」の他に、「1:1」を追加しました。ファインダー視野内でも1:1の枠を確認でき、しっかりと構図を決めることができます。


*説明のため、ファインダー内情報をすべて表示しています。

3. ローパスセレクターブラケットに2枚ブラケットを追加

従来の3枚ブラケット(OFF、TYPE1、TYPE2)に加え、(OFF、TYPE2)の2枚ブラケットも設定できるようにしました。

4. スマートファンクションBKTに「OFF(1コマ撮影)」を追加

機能ダイヤル[BKT]設定で、ブラケット幅選択時に「OFF(1コマ撮影)」も設定できるようになりました。

ファームウェアダウンロード

ファームウェアダウンロードはこちら

ページトップへ