• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

RICOH GR III

2019年3月15日発売

新着情報

2019 .03.15
GRスペシャルギャラリー GR III in Parisを公開しました。
2019 .03.13
RICOH GR IIIに対応したImage Syncは4月下旬公開予定です。
2019 .02.22
RICOH GR III を発表しました。
2019 .02.22
GRファンイベント「GR LIVE! in OSAKA」開催のお知らせ

その時代に求めうる、

究極のスナップシューターであること。

不変のコンセプトを掲げ、G R は深化を遂げる。

眼にしたすべてを記録するための、

優れた画質と携帯性。瞬間を逃さない速写性。

表現の道具としての使いやすさと信頼性。

GR III は、そうした探求の

新たな到達点として誕生した。

瞬間を記録するという写真表現の本質に迫る。

GR の真髄を体感してほしい。

High Image Quality高画質

NEW
新開発GRレンズ & 手ぶれ補正

歴代のGRレンズを凌ぐ高い光学性能の、新GRレンズを搭載。4群6枚の光学系を採用し、画像周辺までシャープで抜けのよい描写を実現します。また、光学系を薄型化することで、ボディ内手ぶれ補正機構の実装を可能としました。手ぶれによる画質への影響を抑え、さまざまなシーンで新設計GRレンズの光学性能を余すことなく引き出せます。

NEW
24.2M APS-Cサイズイメージセンサー

有効約2424万画素の高画素とローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現します。

NEW
低ノイズ・最高ISO 102400

独自のノイズ低減処理により、高ISO感度でも高画質を実現。また、諧調再現性に優れた14bitでのRAW記録も可能にしました。

NEW
新開発GR ENGINE 6

新開発の画像処理エンジンにより、高画質性能がさらに向上。全感度域で精緻なディテール描写、優れた色再現性が得られます。

Quick Response速写性

NEW
高速ハイブリッドAF

高速なAFを実現する像面位相差AFと、ピント精度に優れたコントラストAF。それぞれの長所を併せ持つ、ハイブリッドAFを採用しました。コントラストAFにありがちな「ピントの山を探る動作」が大幅に減少。オートフォーカスの高速化と高精度化を両立しています。

NEW
4段分の手ぶれ補正機構SR

撮像素子シフト方式の手ぶれ補正機構を搭載。3軸方向の補正に対応しています。
※シャッター速度換算。CIPA基準。

NEW
ダイレクトな操作性

タッチ操作に対応した液晶モニター、カメラ背面にコントロールダイヤルを搭載。AF枠の移動、メニュー操作などが素早く行えます。

Portability携帯性

NEW
さらなる小型化を実現

これまでのGRシリーズとは別次元の高性能を備えながら、ボディサイズはGR DIGITAL IV(1/1.7型イメージセンサー搭載モデル)とほぼ同等。携帯性を追求しつつ操作性の向上も図り、「究極のスナップシューター」にまた一歩近づきました。

Evolving深化

カメラを深化させる、機能拡張ファームウェア

機能拡張ファームウェアの提供によって、カメラに新たな機能や設定項目などを追加していきます。最新のファームウェアにアップデートを重ねることで、GR IIIは深化し続けます。

柔軟なカスタマイズ

ADJレバーやFnボタンによく使う機能を登録可能。さらに他の操作部材も操作時のカメラ動作をきめ細かくカスタマイズでき、撮影スタイルに合わせ、使いやすい一台に仕立て上げられます。

イメージコントロール & JPEG画質調整

画像調整のパラメーターを刷新し、10種類のイメージコントロールを搭載。さらに再生時にJPEGで記録した画像を再生時に画質調整し、新規保存できるなど、画作り機能を深化させました。

ページトップへ