• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

マチュピチュからパタゴニアへ加藤正明 (かとうまさあき)

ペルーのマチュピチュから、チリとアルゼンチンの両国に跨るパタゴニアまでの山々や、アンデスに暮らす人たちの表情を撮影したカラー作品約50点で構成。

ONLINE写真展

作者 加藤正明 (かとうまさあき)
作品名 マチュピチュからパタゴニアへ
会期 2016年6月29日(水)~7月11日(月)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーI&II
連絡先 〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)MAP
℡03(3348)2941 担当:江上

作品コメント

険しいアンデスの山に守られ、密林に埋もれていたマチュピチュ遺跡。
南米7か国にまたがり、南北7,500kmに及ぶ南米すべての源であるアンデス山脈。
色彩豊かな民族衣装をまとう誇り高き先住民の女性たち。
そんなケチュア族やアイマラ族の生活を肌で感じるペルー、ボリビア。
南米のいたるところには、ボリビアのウユニ塩湖やチリのアタカマ高地のように「何もない世界」が広がり、
チリとアルゼンチンの両国に跨るパタゴニアには、風吹き荒れる大地と刻一刻と姿を変える雲がある。
いま私たちがいる世界とは異なる「地の果て」が南米にはある。
「マチュピチュからパタゴニアへ」は、そんな南米の空気を感じたく撮影しました。 加藤正明

作家プロフィール

1948年 東京都生まれ
キューバ、ミャンマー、ネパールに暮らす人々のスナップ写真や、富士山を始め南米、ネパール、スイスの山岳写真を撮り続けている。
岡田紅師会会員

写真展

2002年 愛しのキューバ
2004年 フイエスタ・クバーナ大阪2004 Cuba,mi amor
2013年 富士の素顔とアルプス連峰

使用機材:PENTAX 645Z、645NII


ページトップへ