• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

「またまの宇宙」 (またまのうちゅう)清家道子 (せいけみちこ)

大分県豊後高田市にある真玉海岸をテーマにした作品。干潟の美しい色彩と造形美、そして幻想的に繰り広げられる夜の世界。カラー作品約40点で構成。

ONLINE写真展

作者 清家道子 (せいけみちこ)
作品名 「またまの宇宙」 (またまのうちゅう)
会期 2016年2月10日(水)~2月22日(月)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーI&II
連絡先 〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)MAP
℡03(3348)2941 担当:江上

作品コメント

大分県の豊後高田市に真玉海岸という小さな干潟があります。
夕日が美しいことで知られていますが、それ以外の時には訪れる人はなく、ただただひっそりと静かな場所です。
しかしこの場所には小さな生命が息づき、鳥達のドラマがあり、夕陽に映える黄金に輝く風景があり、夜には満天の星が広がり、まさに真玉海岸だけの小さな宇宙がそこにあります。
真夜中に一人この海にたたずむ時、広い宇宙の中にあるどこかの惑星に迷い込んだような錯覚を覚えます。
そして干潟が織りなす造形美は私のイマジネーションをかき立てます。
けっして派手な美しさがあるわけではない被写体を、私だけの作品にする喜びを教えてくれました。
近年、日本の干潟が失われつつある今、命のゆりかごである干潟の美しさと、ここに息づく命の営みの姿をお届けしたいと思います。
清家道子

作家プロフィール

1987年より当時まだ知られていなかったカラーコーディネーターとして福岡で起業。
20年以上カラーの仕事をはじめデザイン、パッケージ、カラーマーケティングなどの仕事を手がける。
2009年より趣味だった風景写真を本格的にはじめ、現在大分を中心に撮影活動をしている。
月刊フォトコン、隔月刊風景写真、秋山庄太郎「花」コンテスト、富士フイルムフォトコンテスト他で受賞歴あり。
現在、企業カレンダーなどに写真を提供している。

使用機材:PENTAX 645Z、K-3II、K-5IIs


ページトップへ