• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

「風化する記憶『トーチカ』」山下 僚

北海道東部十勝海岸(広尾町~浦幌町約100km)には、戦争の落とし物のトーチカ陣地が27箇所に存在する。砂浜に埋没、断崖に落下した今日のトーチカの記録をデジタルプリントによるカラー作品50点で構成。

ONLINE写真展

開催期間 2013年9月11日(水)~9月23日(月)
開館時間 10:30〜18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーI & II
連絡先 〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
ペンタックス スクエア内 ペンタックスフォーラムMAP
03-3348-2941 担当:松枝・江上

作者のコメント

山育ちの私にとって海岸線のトーチカを見たのは15~6歳の頃。戦争を知らない世代だが、頑丈で怪奇、重厚なコンクリートの塊が脳裏に残っていた。
自然豊かな海岸には原生花園も多く、四季の移ろいを撮影に訪れても、やっぱり不自然である「要塞」に足を止めた。
北方の防衛のために1944年にほぼ完成した十勝海岸のトーチカは、情報も乏しく資料も少ない。
年々、侵食する海岸に姿を消したのも多い。現状の記録のために一箇所ずつトーチカの顔である「銃眼」をみつめた。同じく「海を守る」赤い鳥居と祠が同居する光景が目に焼きついている。山下 僚

作者プロフィール

1948年
北海道上士幌生まれ
1975年
写真展「生への彷徨」(銀座)
1988年
北海道写真記者協会賞受賞
1994年
写真展「北私景」(銀座)
現 在
日本写真家協会会員

ページトップへ