• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

GR DIGITAL IV

機能拡張ファームウェア
あなたのGR DIGITAL IVがさらに進化する

新機能が追加 Firmware update

ユーザーの皆様のご要望にお応えし、2012年2月より機能拡張ファームウェアをリコーホームページ上からダウンロードできるサービスを開始しました。

機能拡張ファームウェアは、お客様登録時のアンケート情報などを通じて数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望なども参考にさせていただきながら、すでにお買い上げいただいたGR DIGITAL IVに、新しい機能や設定可能な項目等を増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするものです。
ファームウェアのダウンロードはダウンロードページより可能です。このページ下の「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてください。

  • 今回の機能拡張ファームウェアのバージョンはVer.2.21です。ご使用中の製品のファームウェアのバージョンをご確認の上、アップデートしてください。
    ファームウェアバージョン確認とアップデートの手順は、 こちらのPDFマニュアルをご参照ください。

機能拡張ファームウェア Ver.2.21

2013年1月30日公開

6

ダイナミックレンジ補正機能に“AUTO”を追加

従来からの「弱」「中」「強」に加えて、「AUTO」の選択が可能になります。これによりカメラが被写体に合わせた適切な補正を行います。

 

7

ノイズリダクション(MAX)の色ノイズ処理性能向上

新しいアルゴリズムにより、ISO2500以上の高感度撮影時における色ノイズの低減効果を向上します。

 

8

ターゲット移動した位置を中心に拡大再生する機能を追加

再生画面拡大時、撮影時にAE/AFターゲットを移動した位置を中心に拡大再生することができます。

機能拡張ファームウェア Ver.2.10

2012年2月27日公開

1

著作権情報入力機能追加

著作権情報を設定登録して撮影すると、画像のExifデータに記録されます。著作権情報は半角英数46文字まで入力可能で、再生画面の詳細情報表示で確認することができます。

 

2

AE高速化

自動露出制御の速度が向上、適切な露出がスムーズに得られます。

 

3

ADJ.レバー、Fnボタンへの「スナップ時フォーカス距離」登録機能追加

「スナップ時フォーカス距離」の設定が、ADJ.レバーあるいは、Fnボタンに登録可能になります。メニュー画面に入らずに設定変更することができます。

 

4

インターバル合成画像の撮影情報表示機能追加

「インターバル合成」モードで撮影した画像について、撮影開始から終了までの時間と合成画像枚数が、再生画面の詳細情報表示で確認できます。

 

5

インターバル合成モード時、黒浮き補正機能追加

「インターバル合成」モード時、「撮影設定」メニューに「黒浮き補正」機能が追加されます。
「黒浮き補正」機能はON/OFF選択可能で(デフォルトはON)、ONの場合、高感度ノイズを低減します。

以下ボタンをクリックするとダウンロードページに遷移します。

ダウンロードページへ

追加機能に関する使用説明書は上記のダウンロードページからご覧いただけます。
ブロードバンド用 (77秒/7.5MB) ナローバンド用 (77秒/3.8MB) Windows Media Player を入手する

ページトップへ