• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

ファームウェアダウンロード > GR DIGITAL IV

GR DIGITAL IV ファームウェア

登録 ・ 更新 2011/12/20 登録・2013/08/08 更新
バージョン V2.30
著作権の所在 株式会社リコー
転載条件 転載禁止
ソフトの紹介 ダウンロードされたファームウェアを SD カードに書き込むことにより、GR DIGITAL IV 本体のファームウェアをアップデートすることができます。
バージョン確認と
アップデート方法
ファームウェアバージョン確認とアップデートの手順は、こちらのPDFマニュアル (約 913 KB)をご参照ください。
対応カメラ GR DIGITAL IV
(※他の機種にはご使用できません)

更新履歴

日付 Version 機能追加・修正の概要
’13/08/08 V2.30 【 機能拡張 】
  • ホワイトバランスの設定項目に「日陰」「昼光色蛍光灯」「昼白色蛍光灯」「白色蛍光灯」「電球色蛍光灯」が追加され、「蛍光灯」が削除されます。
    • 補足
      従来の「蛍光灯」に相当する設定は、「白色蛍光灯」になります。
  • Fnボタンペア設定の設定項目に「マルチAF/スポットAF」切替が追加されます。
    • 注意
      フォーカスが「マルチAF」または「スポットAF」に設定されているときに切替できます。
    • マクロモードで撮影している場合、AF]または[AE/AF]ターゲット移動機能を呼び出している場合、[撮影設定]メニューの[連写]が[AF連写]に設定されている場合は切替できません。
  • 画像設定の「ハイコントラスト白黒」「クロスプロセス」「ポジフィルム調」「ブリーチバイパス」の周辺減光設定に「微弱」が追加されます。
  • マクロボタン長押しで、マクロターゲット移動画面になります。
    • 注意
      フォーカス設定が「MF」「被写体追尾AF」の場合は、マクロターゲット移動画面になりません。
※追加機能の操作については、こちらのPDFマニュアル(約 299KB)をご参照ください。
【 修正・追加項目 】
  • ダイナミックレンジ補正を「AUTO」にセットしてフラッシュ撮影中、フラッシュ充電待機状態のままになる場合があり、正しく充電するようにしました。
  • ハイコントラスト白黒の設定でAEブラケット撮影をすると画像に横筋が記録される場合があり、修正しました。
’13/01/22 V2.21 【 機能拡張 】
  • [ダイナミックレンジ補正]に[AUTO]が追加されます。
  • ノイズリダクション設定が[MAX] で高感度(ISO 2500以上)の撮影した画像の色ノイズ低減効果が向上します。
  • ターゲット移動機能を使用して撮影した画像を拡大再生する際、ターゲットにした位置を中心に拡大することができます。
【 修正・追加項目 】
  • Eye-Fiカードをセットして電源を入れるとカードを認識しない場合があり、正しく認識するようにしました。
  • 多重露光撮影終了後オートパワーオフが働かない場合があり、所定の時間で働くようにしました。
  • 画像モニターOFFでインターバル撮影中にモニタリング画像が表示されることがあり、表示しないようにしました。
  • セットアップメニューの[著作権情報]で設定した著作権情報が、DNG(RAW)ファイルのヘッダ情報にも反映されるようにしました。
  • インターバル合成モード時、ADJ.レバーでシャッター速度を変えても、稀にモニター上のシャッター速度表示が変化しないことがあり、正しく表示するように修正しました。
  • マイセッティングにインターバル合成を登録する際、絞り値が正しく登録されるように修正しました。
’12/03/29 V2.11 【 修正・追加項目 】
  • Exifヘッダー情報のタグの長さに1箇所誤りがあり、修正しました。
  • S モード [ シャッタースピード優先 ] をマイセッティング登録する際、登録先を 「 SDカード」にすると設定したシャッタースピードが正しく保存されない問題があり、修正しました。
  • Eye-Fiカードから画像を再生中、コマ送りができなくなる場合があり、コマ送りできるように修正しました。
  • 連写モードを AF 連写に設定して撮影すると、画像ファイルをメモリーに書込み終了するまで時間がかかる場合があり、処理を改善しました。
’12/02/27 V2.10 【 機能拡張 】
  • SCENE モードのインターバル合成で、高 ISO 感度撮影時のノイズを低減させる[黒浮き補正]の設定することが可能になりました。
    また、開始から終了までの撮影時間と合成枚数が再生画面の詳細情報表示で確認できます。
  • セットアップメニューに[著作権情報]追加されました。設定した著作権情報は、撮影した画像のExif データに自動的に書き込まれます。また、Exifデータに書込まれた[著作権情報]は、再生画面の詳細情報表示で確認できます。
    ※設定可能文字数:半角英数 46文字まで
  • [ ADJ.レバー設定 ]/[ Fnボタンペア設定 ]に「 スナップ時フォーカス距離 」が登録できるようになりました。
  • AE の追従時間が短縮されるようになりました。
【 修正・追加項目 】
  • マクロ撮影と被写体追尾 AF を同時に使用する際のピント精度を向上しました。
  • AF操作(シャッター半押し)時、グリッドガイド表示が一部欠けて表示される場合があり、正しく表示されるように修正しました。
’11/12/20 V1.17 【 修正・追加項目 】
  • フラッシュを AUTO に設定した際の逆光時の発光条件を見直しました。
  • 外部 AF 測距表示のフォーカスバーが表示された状態で、シャッター半押しでフォーカスロックすると、フォーカスバーもその位置で停止するようにしました。
  • P / A / S モードで手ブレ補正 ONの設定で、シャッタースピードが 1秒より遅くなると手ブレ補正を OFFにして撮影されるようになりました。
  • ハイコントラスト白黒撮影で画像上部に黒い筋が入る場合があり、入らないように修正しました。

ファームウェアダウンロード

【ZIP圧縮版】
圧縮ファイル名 gr4-230.zip
ファイルの形式 ZIP形式(.zip)
ファイルの容量 約 3.1MB
動作OS Windows 8 ・ Windows 7 ・ Windows Vista ・ WindowsXP ・ MacOS X 10.3~
  • Windows をお使いの場合で、ZIP形式でダウンロードができない場合は、下記の 【 EXE圧縮版 】 からダウンロードを行なってください。
ファイルの概要 ダウンロードするファイルは ZIP ( .zip ) 形式です。
・ ブラウザの種類や設定によっては、自動的に「 GR DIGITAL 4 Update 」フォルダに解凍されます。
ダウンロードファイル ダウンロード

【 Macintosh版 】
圧縮ファイル名 gr4-230.hqx
ファイルの形式 自己解凍形式
ファイルの容量 約 4.1MB
動作OS MacOS9、MacOSX環境でStuffIt Expanderをお持ちの方
(Mac OS X 10.1.2 - 10.4 / Mac OS 9 - 9.2.2)
※MacOS X 10.3 以降をお使いの方で ZIP形式のダウンロードを行なう場合は、【ZIP圧縮版】をダウンロードしてください。
ファイルの概要 ダウンロードするファイルは BinHex(.hqx) 形式です。
・ ブラウザの種類や設定によっては、自動的に「GR DIGITAL 4 Update」フォルダに解凍されます。
・ 「GR DIGITAL4 Update.sit」ファイルのみ保存された場合は、「StuffIt Expander」を使用して解凍して下さい。
ダウンロードファイル ダウンロード

【 Windows版 】
圧縮ファイル名 gr4-230.exe
ファイルの形式 自己解凍形式
ファイルの容量 約 3.3MB
動作OS Windows Vista ・WindowsXP ・Windows2000
※Windows 7をお使いの場合は、こちらの【ZIP圧縮版】からダウンロードを行なってください。
ファイルの概要 ダウンロードするファイルは、自己解凍形式の圧縮ファイルです。ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍されます。
ダウンロードファイル ダウンロード


ソフトウェアダウンロード機種選択に戻る

ページトップへ