• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

描写力を、次の次元へ

1/125 sec., F2.8, ISO2000, EV -0.7, WB: マルチパターンオート

高解像・高コントラスト。
シャープな写りを実現する新GRレンズ

さらなる高画質を目指し、新規構成のGRレンズを開発しました。18.3mm(35ミリ判換算28mm相当)F2.8という焦点距離・明るさはそのまま、4群6枚の薄型光学系を採用。高屈折率低分散ガラス、高精度ガラスモールド非球面レンズを最適配置することで、ディストーションや色収差を極限に近いレベルまで抑制し、高いシャープネスを実現。絞り開放から画像全体でヌケがよく、キレのある描写が得られます。

NEW
24.2Mの精緻な描写力。
APS-Cサイズ大型イメージセンサー

高解像・広ダイナミックレンジのAPS-Cサイズ相当CMOSイメージセンサー(有効画素数約2424万画素)を搭載。GR II比で約1.5倍に相当する高画素と、高解像のレンズ特性を活かしきるローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現します。さらにイメージセンサーとレンズを相互に最適化し、高画質を徹底的に追求しました。

NEW
高度な画像処理とレスポンスを両立。新開発のGR ENGINE 6

画像処理エンジンは新開発のGR ENGINE 6。GRの本質である高画質性能をさらに高め、より精緻なディテール描写が可能になりました。さらに処理能力の高速化により、高画素のイメージセンサーと多階調の14bit RAWへ対応しました。またオートフォーカスや動画などの機能やレスポンスの向上にも貢献しています。

NEW
独自の信号処理技術が可能にした
ISO 102400の高感度

高画質化を強力にサポートする高性能プロセッサー「アクセラレーターユニット」を新たに搭載。イメージセンサーが出力した信号を、あらかじめ適切に処理して画像処理エンジンに送ります。これによりノイズが低減し、全感度域において優れた解像感や色再現性を実現。最高ISO 102400での撮影を可能としています。

1/125 sec., F2.8, ISO2000, EV -2, WB: マルチパターンオート

NEW
広い撮影領域で高画質を引き出す
3軸・4段の手ぶれ補正機構[SR]

とっさのスナップ撮影でも手ぶれをおさえた鮮明な画像を記録。GR IIIはより小さくスリムなボディを実現しながら、SR(シェイクリダクション)を搭載しました。角度ぶれと回転ぶれ、3軸方向の補正に対応。補正効果はシャッター速度換算で4段です。
※CIPA基準。

NEW
[ SR ] を活用して偽色・モアレを低減。
ローパスセレクター

光学ローパスフィルターの効果を、SRを活用して実現。露光中にイメージセンサーを微少駆動させることで、偽色やモアレを抑制します。解像感を優先するか、偽色・モアレ低減を優先するか、被写体に応じた使い分けが可能。効果は[強][弱]が選択できます。
● シャッター速度が1/1000秒より低速の場合に、十分な効果が得られます。

ページトップへ