• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

CX6

  • 高画質
  • 超高速オートフォーカス
  • マクロ&光学10.7倍ズーム
  • 撮影モード
  • 動画&連写
  • デザイン&ユーザビリティ

高画質

大切な瞬間を美しく、ピュアな画質で再現する、リコー独自の純画質テクノロジー

純画質と高画質にこだわった画像処理性能。
裏面照射型CMOSセンサー + Smooth Imaging Engine Ⅳ

裏面照射型CMOSセンサー + Smooth Imaging Engine Ⅳ

少ない光で明るく撮れる裏面照射型CMOSセンサーと、先進の画像処理エンジン Smooth Imaging Engine Ⅳ を搭載。明るいシーンはもちろん、夜や室内などの暗いシーンでも、ピュアな画質で描き出します。また、明暗差が大きいシーンでは、画像処理エンジンに専用回路を搭載した「画素出力補間アルゴリズム」が白とびを低減し、見たままの美しさを再現します。

裏面照射型CMOSセンサーとは

  • 暗いシーンを明るく、美しく。 「裏面照射型CMOSセンサー」搭載

    < 裏面照射型CMOSセンサー >のメリット

    CX6の「眼」となる裏面照射型CMOSセンサー。レンズを通して入ってくる光をより効率よくキャッチできる画期的な構造により、感度が大幅に向上し、ノイズも低減。夜景や室内など、光が少ない場面を、これまでにない高画質で撮影できます。

    裏面照射型CMOSセンサー

「感動を、見たままに。」二度とない一瞬を、ピュアな画質で記憶する。

RICOH純画質テクノロジー

RICOH 純画質テクノロジー

リコーテジタルカメラの根底に流れる画質思想。それは高画質なだけでなく、"見た目に忠実なピュアな画質であること"です。その実現のために、3つのコアテクノロジー-自然な描写力を発揮する歪みの少ない「レンズ」、高感度撮影に強い「撮像素子」、高精細な画像を描き出す「画像処理エンジン」-を、ひとつのメカニズムととらえて設計・開発。優れた解像感と素直な色再現性を作り出しています。

撮るたびに息をのむ、ピュアな美しさ。
進化したノイズリダクション機能

ノイズリダクション機能

CMOSセンサーから出力された信号にいち早くノイズ処理を行い、高感度撮影した画像に発生しがちなノイズを効果的に低減。キメ細かな描写やなめらかな階調感、鮮やかな色調はそのままに、クリアで美しい画像を実現します。

  • ノイズリダクション機能のノイズ軽減量は[OFF]、[AUTO]、[弱]、[強]、[MAX]から設定できます。
  • ノイズリダクションの設定によって、画像の記録完了までの時間が異なります。

暗いところに強い!CX6のノイズリダクション

  • CX6に搭載したノイズリダクション機能はノイズの軽減量を[OFF]、[AUTO]、[弱]、[強]、[MAX]から設定できます。[MAX]設定時は、撮像素子が捉えた画像データのノイズ分布を解析し、領域に応じて最適な処理を行う、分散推定式の高度なノイズ低減処理を行います。
    ISO 1600 ノイズリダクション OFF
    ISO 1600 ノイズリダクション MAX
    高感度撮影のため、ノイズでざらついた画像に。
    ノイズリダクション機能によって、解像感を保ちながらノイズを軽減

    リコーデジタルカメラ活用&コミュニティPhoto Style ノイズリダクション機能を使ってみる

高解像画質を実現する超解像技術

カメラが画像の輪郭、ディテール、グラデーションを自動的に見分けて、それぞれに最適な処理を行う超解像技術を搭載。従来機種以上に、解像感の高い画像の記録を実現します。

超解像技術

  • 超解像の強度は、[OFF]、[弱]、[強]から設定できます。

    超解像OFF
    超解像 強
    超解像OFF
    超解像 強

わずかな手ブレもしっかり補正。
イメージセンサーシフト方式ブレ補正機能

望遠やマクロ撮影時などに起きやすい手ブレを軽減するイメージセンサーシフト方式ブレ補正機能を搭載。手ブレを感知して、CMOSセンサーがブレを打ち消す方向に動き、自動的に補正します。

  • すべての環境下での効果を保証するものではありません。
手ブレ補正 OFF手ブレ補正 OFF
手ブレ補正 ON手ブレ補正 ON

リコーデジタルカメラ活用&コミュニティPhoto Style 手ブレ補正機能と高感度設定オートを使ってみる

ブロードバンド用 (77秒/7.5MB) ナローバンド用 (77秒/3.8MB) Windows Media Player を入手する

ページトップへ