• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
ロイコ
4×4 ベスト判カメラ

ロイコ 前期

ロイコ 後期
 意欲作の ゴコク/リコールが品質問題や、生産困難になったため、このボディの設計をそのまま使い、レンズシャッター式のカメラに改めた物。
名称は Riken Optical Industry Co.,の略で、ドイツ語まがいのネーミングばかりの中でこのカメラは英語が生きている。
巻き上げのストップ機構は アドラーIVなどと同じになっている。
前期と後期があり、後期モデルはシャッターがグレードアップされている。
発売年月
前期:1940年 後期:1943年
フィルムシステム ベスト 127フィルム使用
画面サイズ 40×40mm
レンズ ロイコアナスチグマット 60mm F 3.5  3群3枚構成
フォーカス ヘリコイド全体繰り出し目測フォーカス
シャッター 前期:2枚羽根  T ・B ・25 ・50 ・100 ・150 エバーセット型
後期:3枚羽根  NKS トキオ T ・B ・1-200 セット型
特徴 レンズの性能が生きるヘリコイドフォーカス
大きさ 巾 104mm 高さ 78mm 奥行き 73mm
質量 不詳
価格 95円 ケース7円50銭 
後期型では「公定価格」で125円とされているが、実際にこの価格で販売されたかどうかはは不明
見分けかた ライカ判ではないが、ライカスタイルのバランスと外観になっている

ページトップへ