• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー ハイカラー
35mmレンズシャッター


初期のモデルはシャッターボタンがボディ前面にあったが、途中からボタンを上部に変更した
  オートショットが好評であったが、セレン光電池によるAEなどデバイスの使用の面で旧式になったため、AE機能を一新して機能向上を図った。 CdS メーターを採用、セルフタイマーの内装など、機能の少ないモデルから多機能モデルまでをシリーズとして発売した。 露出制御以外は経験の深い オートショットのメカニズムそのままとしてある。
前面張り革部はアルマイトのプレートを貼る形式としたため、プレートの意匠を自由に作ることができた。そのためイベント用など数多くのバラエティが作られた。
発売年月
「35」1968年9月 ・ 「35S」1970年10月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
レンズ リコー 35mm F2.8 3群4枚構成 ビハインドシャッター式  (リコー製)
フォーカス ゾーン目測 前玉回転フォーカス
シャッター
セイコーBS11A  B ・ 1/30 ・ 1/125(オート時)
露出制御 シャッター優先、CdSメーター針押さえ式AE、マニュアル絞りは非連動
特徴 スプリングモーターによる巻き上げ・自動復帰フィルムカウンター・ 専用フラッシュコンタクトーシュー・実像式ファインダー・露出不足警告ファインダー内表示。「35S」はセルフつき。
大きさ 巾 114.5mm 高さ 83.5mm 奥行き 53mm
質量 「35」445g 「35S」470g
価格 「35」16,800円 「35S」17,300円 ケース 1,300円
見分けかた レンズを囲む大きなセレン光電池、ファインダー対物レンズが小さくボディは左右対称のかたち。

ページトップへ