• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー オートショット
35mmレンズシャッター


レンズキャップにもなるフラッシュガンをアクセサリーとして発売し評判になった。
 カメラに小型軽量化の圧力があらわれ、この要求に対応するため、在来のカメラの構造にこだわらない設計をしたもの。
 リコーオートハーフの設計をアレンジして画面サイズをフルサイズとした。レンズの焦点距離は当時は広角の範疇に入る35mmとしてレンズの突出を少なくした。

 小型化のためにファインダーは通称ケプラー型と呼ばれる実像光学系を採用した。 撮影範囲がハッキリと区切られて見えるのが特徴。
 今日のコンパクトカメラでは日常的に使用されているが、当時はファインダーにこの複雑な光学系は珍しかった。
発売年月
1964年4月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
レンズ リケノン 35mm F2.8 3群4枚構成(リコー製)
フォーカス 距離計連動 前玉回転フォーカス
シャッター
リコー製  B ・ 1/30(オート解除時) 1/125(オート時)
露出制御 セレンメーター針押さえ式AE
特徴 スプリングモーターによる巻き上げ・自動復帰フィルムカウンター・ フラッシュダイレクトコンタクトアクセサリーシュー・実像式ファインダー・露出不足警告ファインダー内表示
大きさ 巾 113 高さ 73.5 奥行き 56.5
質量 440g
価格 14,600円 ケース1,200円 キャップガン 1,300円
見分けかた レンズを囲む大きなセレン光電池、ファインダー対物レンズが小さくボディは左右対称のかたち。

ページトップへ