• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー オートハーフ
35mmレンズシャッター
 自動化ではいつも先鞭を切りたい設計思想を実現するため、わかりにくい絞りとシャッターの数字を無くした。 フィルム巻き上げの自動化のため、スプリングモーターを開発した。この目的に使用するゼンマイの材質の探索に多大の時間を費やした。 結果、超小型の自動カメラが出来上がった。デザインも意欲的なものとしたが、当初の心配は吹き飛ばすベストセラーとなった。
発売年月
1962年11月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×17mm
レンズ リコー 25mm F2.8 3群4枚構成(設計理研光学、製造富岡光学)
フォーカス 2.5mに固定焦点
シャッター セイコーシャ BS 11  1/125(AE時) 1/30(フラッシュ時)
露出計
セレンメーター、針押さえ式AE
特徴 ユニークなデザイン、調節不要のオートカメラ
大きさ 巾 90mm 高さ71.5mm 奥行き 31mm
質量 270g
価格 12,000円 ケースつき
見分けかた レンズとセレン光電池をつなぐ縦長のカバー、カメラ前面は革張りなし、荒らしクローム仕上げで白い感覚。

ページトップへ