• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

製品情報 products

デジタル一眼レフカメラ/K-5カタログ(4.7MB)

快適な操作のため、 カメラにできるすべてを。

01上下方向の傾きも検知・表示が可能に。【新電子水準器】

進化した電子水準器。K-5は、従来の左右方向に加え、新たに上下方向の傾きも検知・表示することが可能です。風景・夜景など基準線が分かりにくいときや、被写体のプロポーションを忠実に記録したいとき、的確で効率的な撮影をサポートします。

※ファインダー内と表示パネルのバーグラフでは上下方向の傾きは表示されません。

02もう雲台の調整に手間取らない。【構図微調整機能】

カメラを三脚に固定したまま、撮像素子をX―Y方向に移動、および回転させることで、切り取りたい像の位置と傾きを調整できます。十字キーを操作すれば、撮像素子がX―Y方向に最大±1.5mmまでシフト移動。後電子ダイヤルを回せば、最大±1度まで回転。構図をすばやく整えられ、撮影機動性が高まります。

03画像の傾きをカメラが補正。【自動水平補正機能】

カメラの左右方向の傾きを、撮像素子を回転させることで相殺。自動的に水平に近づけるPENTAX独自の機能です。補正可能角は最大で約±2度。手持ち撮影時に役立つことはもちろん、三脚使用時でも微妙な水平出しが自動で行えます。

04画像のすみずみまで目が届く。【視野率約100%ファインダー】

ファインダーは、100%に近いほど理想的で、像倍率が高いほど見やすくなります。K-5はガラスペンタプリズムの採用と独自のファインダー光学技術、SR機構の応用などにより、視野率約100%、像倍率約0.92倍(50mmF1.4・∞)を実現。広く、大きく、明るいファインダー視野が快適な撮影を可能にします。

05自分仕様の一台に仕立てる。【ボタン/ダイヤル・カスタマイズ】

前/後電子ダイヤルやAFボタン、プレビューレバーなどを操作したときの動作を、きめ細かく設定することができます。さらにRAW/Fxボタンを装備。従来のRAWボタンの機能を拡張し、よく使う機能を割り当てられるようになりました。ワンプッシュで電子水準器や構図微調整画面などを呼び出せ、便利です。

06シーンに合った設定をカメラが記憶。【モード登録】

ユーザーモードが5件まで登録可能に。露出モードやカスタムイメージをはじめとする各種撮影設定を表現テーマごとに登録しておけば、撮影のたび、各機能を設定しなおす手間が省けます。また、マニュアルホワイトバランスも3件まで登録可能。同じ環境(光源)で撮影する際、撮影準備をよりスムースに済ませられます。

07実績の継承と、飽くなき進化。【小型・高密度デザイン】

携行性と操作性の両立。K-5は、新開発の機構と機能を、実績ある小型ボディで包み込みました。さらに、頻繁に使用する操作部材にファインチューニングを施すことで、ディテールに至るまで、徹底的に使いやすさを向上させています。

【その他の機能】

○各種の撮影機能設定を一覧表示する、ステータススクリーン
○撮影機能を直感的に設定できる、コントロールパネル
○安定したホールドを実現する、エルゴノミクス設計グリップ
○画像の改ざんや第三者による使用を抑制する、著作権情報の記録
○きめ細かな機能設定を可能にする、カスタムファンクション(27項目)

ページの上に戻る