• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

『アフリカサバンナストーリー「生きる強さ」』
金子裕昭

この度19年間にわたり追い続けた自身の集大成となる、アフリカ タンザニアのサバンナを舞台として命のドキュメンタリー写真集「生きる強さ」を発表させて頂きます。その発売記念写真展となります。全倍サイズ カラー約30点。

作品例

作者 金子裕昭
写真展 『アフリカサバンナストーリー「生きる強さ」』
会期 2019年12月18日(水)~2020年1月13日(月) (12月29日~1月5日までは年末年始休館)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア大阪 ギャラリー
連絡先 〒540-6591 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル1階MAP
℡ 050-3534-6188 担当:朝倉、伊藤

作品コメント

2001年2月初めてのアフリカ。カメラを背負い、憧れのタンザニア・セレンゲティの大地を踏みしめた。容赦なく照りつける太陽、乾いた風にほのかに混じる草木の薫り。初めて見たゾウ、キリン、ライオン...なぜだろう?初めてな気がしない。まるで、遠い昔に来た事がある場所に、帰ってこられた気がしたのを今でも良く覚えています。あの時から心を決めていました、自分の人生をかけ「生命」を伝えたい...いつの間にか19年の歳月が流れ、厳しい野生に生きる動物達が、今にも語りだすかのような作品を目指し、そしてやっと自分の思い描く言葉(写真)が出揃い物語として繋がり、写真集となる事が出来ました。初めて訪れた日から今日まで、延べ滞在撮影日数400日を越える取材からの集大成となりますので是非とも皆様方にご高覧いただければ幸いです。
金子裕昭

作者プロフィール

1968年島根県津和野町生まれ。
アフリカ タンザニアをフィ-ルドとして真の命の美しさ、尊さを追い求めサバンナにテントを張り、野生動物達と同じ目線に立ち撮影活動に取り組む。延べ滞在日数は400日を超える。近年は都内の身近な自然をテーマに撮影活動に取り組む。

写真展

2011年
「それぞれの時...」 (コニカミノルタプラザ)
2013年
「生命の足音」 (コニカミノルタプラザ)
2015年
「野生達の素顔」 (富士フイルムフォトサロン) 
2017年
「サバンナストーリー」 (リコーイメージングスクエア新宿、大阪)
2019年
『アフリカサバンナストーリー「生きる強さ」』 (リコーイメージングスクエア新宿)

写真集

2019年
アフリカサバンナストーリー「生きる強さ」 青菁社

【金子裕昭 ギャラリートーク 開催】

開催日:2019年12月21日(土)、2020年1月11日(土)、12日(日) いずれも14:00~(参加無料、申込不要)
会場:リコーイメージングスクエア大阪 ギャラリー

ページトップへ