• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

「結界~ニッポンの光景~」
島内治彦

誰もが何処でも遭遇する何気ない、そして祭事や風習の中に垣間見る一瞬の情景をモノクロームで切り取っています。心象的な日本の原風景を垣間見る写真展示になっています。

作品例

作者 島内治彦
写真展 「結界~ニッポンの光景~」
会期 2019年7月31日(水)~8月12日(月)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア大阪 ギャラリー
連絡先 〒540-6591 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル1階MAP
℡ 050-3534-6188 担当:朝倉、伊藤

作品コメント

仏教用語で「結界」とは外部と内部の境界をあらわすものだそうだ。たとえるなら日常の場所と聖なる空間。そして日々出会う何気ない風景と記憶の中で交錯する光景。
その迫間で見つけたひとつの境界線に思いを馳せ、自然と関わり続けた日本人固有の生活と営み、そして季節、時間と共に変容する空間を切り取ってみました。
ただ単に私の心象風景でしか無いのかも知れませんが、これからも私がイメージするニッポンの光景を追い求める事となるのでしょう。
島内治彦

作者プロフィール

1959年 姫路生まれ。 姫路市在住。
フォトストリート同人  (公社)日本写真家協会会員

写真展

1996年
「フォトストリート20周年記念写真展」
姫路市立美術館 参加
2007年
「メキシコソノラ地上の光景」
銀座、大阪ニコンサロン
2007年
「フォトストリート30周年記念写真展」
兵庫県立美術館ギャラリー棟 参加
2008年
「記憶の中の風景」
新宿コニカミノルタプラザ
2010年
「お城が見える風景」〜姫路城〜
新宿コニカミノルタプラザ
2013年
「姫路城・法隆寺世界文化遺産登録20周年記念写真展」
姫路市民ギャラリー 参加
2015年
「道をゆく」〜近所の肖像写真〜 
オリンパスギャラリー大阪
2017年
「新・播磨国風土記」
オリンパスギャラリー東京、大阪
2017年
「フォトストリート30周年記念写真展」
姫路市民ギャラリー 参加
2018年
「四季の姫路城」
姫路市民ギャラリー

ページトップへ