• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

「樹のある風景II -光と風のなかで-」(きのあるふうけい)鈴木達也(すずきたつや)

北の大地、北海道。氷雪の中や、光踊る春風の中で『樹』を被写体の中心として、自然と向き合って撮りおろしたカラー作品約30点で構成。

作品例

作者 鈴木達也(すずきたつや)
写真展 「樹のある風景II -光と風のなかで-」(きのあるふうけい)
会期 2017年11月8日(水)~2017年11月27日(月)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア大阪 ギャラリー
連絡先 〒540-6591 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル1階 MAP
℡ 050-3534-6188 担当:朝倉、伊藤

作品コメント

初めて北海道を訪れたのは、15歳になる1975年8月でした。東京生まれの私には、見慣れていた都会とは全く異なる奥行きのある風景に感動し、12月に再び渡道しました。冬の北海道は、15歳の心には雪景色や舞い上がるパウダースノウがあまりにも強烈でした。それから幾度も渡道を重ねていますが、光・風・匂い、目の前に広がる光景に同じ時はなく、行くたびに新鮮な感動を覚えます。そんな北海道の風景に今も惹かれ続けています。
雄大な風景のもと、大地に根ざした樹々に向かいあうと、氷雪の中で、光踊る春風の中で、樹々は、静かに私に語りかけてくれます。北海道の冬の厳しさが育んだしなやかさなのでしょうか。そんな樹々たちの声にそっと耳を傾けながら、前回の写真展から約3年と数ヶ月を掛けて撮りためた作品です。

鈴木達也

作家プロフィール

1960年 東京都墨田区生まれ
1992年 写真集「THE NORTH TRAIN –残照-」
     写真展「THE NORTH TRAIN –残照-」
2001年 写真展「樹のある風景」
2013年 写真展「樹のある風景-光と風のなかで-」
     東京都三鷹市在住

使用機材:PENTAX 645D


ページトップへ