• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

Why PENTAX?Why PENTAX?

PENTAXブランドのカメラ製品には、風景撮影をはじめとする様々な写真撮影に嬉しい特長がたくさんあります。
これらのユニークな特長は、PENTAX製品が選ばれている理由であることはもちろん、
長年ご愛用いただいている方々に高く評価されています。

ボディ内手ぶれ補正と独自の応用技術 こだわりの色彩表現
考え抜かれた操作性 見やすいペンタプリズム光学ファインダー
個性的なレンズ群 システム丸ごと防塵・防滴

ボディ内手ぶれ補正と独自の応用技術

ボディ内手ぶれ補正と
独自の応用技術

PENTAXのデジタル一眼レフは、ボディに手ぶれ補正機構SR(シェイクリダクション)を内蔵しています。そのため、オールドレンズを含め、どの交換レンズを使っても手ぶれ軽減効果を得ることができます。
また、SRの技術を応用することで、高解像な画像が得られるリアル・レゾリューション・システムをはじめ、ローパスセレクターや天体追尾撮影を可能にするアストロトレーサー、自動水平補正や構図微調整などのPENTAX独自の革新的な機能を実現しています。

こだわりの色彩表現

こだわりの色彩表現

PENTAXのデジタル一眼レフは、カメラ内での設定だけで作品性の高い豊かな色彩表現ができることを目指しています。特に自然風景の緑や青の発色には定評があります。
被写体や表現意図に合わせて、画像の仕上がりを変えられるカスタムイメージを搭載し、各カスタムイメージは彩度や色相、キー、コントラスト、シャープネスなどのパラメーターを調整できるので、自分好みの画作りをとことん追求できます。加えて、赤く染まった夕焼け雲や、夜明け前の青みがかった空など、オートでは補正されてしまう特徴的な色味を逆に強調して印象的に仕上げるホワイトバランス「CTE」なども搭載しています。

考え抜かれた操作性

考え抜かれた操作性

PENTAXのカメラは、操作性も撮影者の立場でこだわっています。 握りやすく手に馴染みやすいグリップや、ファインダーを覗きながらでも操作しやすいボタン配置など、機能的なボディ形状を採用しています。
さらに、使いたい機能を割り当てて簡単に呼び出せる「Fxボタン」、前後のダイヤルを効率的に使うことで露出設定を、簡単に、素早く、柔軟に行えるハイパー操作系(ハイパープログラム/ハイパーマニュアル)を搭載するなど、一度使えば手放せないほどの高い操作性を実現しています。 ハイパー操作系の詳細はこちら

見やすいペンタプリズム光学ファインダー

見やすいペンタプリズム
光学ファインダー

光学ファインダーは一眼レフを使う一番の醍醐味です。
PENTAXの一眼レフは、「撮る楽しさ」にこだわり、ガラスのペンタプリズムを用いた光学ファインダーを採用しています。視野が広く、ピントの山やボケ感を確認しやすいという特長があります。
また、ミラーレス一眼の電子ファインダーのようなタイムラグが発生しないほか、被写体への光の当たり方や色合い、陰影などを正しく視認することができます。さらに、電源オフの状態でもファインダーで被写体を確認できるため、バッテリーの消費も抑えられます。

個性的なレンズ群

個性的なレンズ群

PENTAXの一眼レフ用レンズには個性的なレンズが数多く存在します。
最高画質を追求したスター(★)レンズシリーズは、高い解像力とコントラストを実現し、歪みや色の滲みが極めて少ない高い光学性能で、PENTAX最高峰の名に相応しい画質を誇ります。また、味のある描写やレンズとしての質感にこだわったLimitedレンズシリーズは、小型でありながら被写体の立体的な描写と、滑らかでやわらかいボケ味が特長です。
「このレンズがあるからPENTAXを使う」とまで言わしめる、魅力的なレンズが揃っています。 スターレンズシリーズの詳細はこちら

システム丸ごと防塵・防滴

システム丸ごと
防塵・防滴

水滴やホコリをシャットアウトする防塵・防滴構造をPENTAXで初めて採用した一眼レフカメラ「PENTAX LX」が発売されたのは1980年。
そのノウハウを活かし、防塵・防滴対応製品を発売し続けています。カメラ本体だけでなく、レンズも、フラッシュやリモコンなどのアクセサリーも防滴対応製品を数多くラインアップ。アウトドアでも天候を気にせず、安心して使えます。

※上記の項目が当てはまらない機種もございます。

ページトップへ