• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー シングレックス II
35mmフォーカルプレンシャッター一眼レフ
 特に米国向けの輸出カメラは機能の独自性より価格競争上有利とする必要があった。この目的の合致するよう TLS401を一般的なプリズムファインダーとし、コストダウンをはかったカメラ。
 それまでのコパルスクエアシャッター使用のカメラではシャッターダイヤルがボディ前面に付くことが多かったが、シングレックス IIでは、布膜シャッターと同様にボディ上部にシャッターダイヤルを配置した。これでデザインはスマートになった。
発売年月
1976年8月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
マウント プラクチカ(通称M42)マウント
レンズ 特に決めず
シャッター コパルスクエア B ・ 1 - 1/1000 セルフタイマーつき
ファインダー
ペンタプリズム一眼レフ
露出制御 TTL 自動絞り、解放測光、ファインダー内定点表示
特徴 多くの交換レンズが装着できるレンズマウント、1/125秒の高速フラッシュシンクロ
大きさ 巾 149.5mm 高さ 95mm 奥行き 55mm
質量 720g ボディのみ
価格 輸出のみ
見分けかた ごく標準的な一眼レフの形で、光ものが多く、一眼レフの中では一番クローム光沢のカメラ

ページトップへ