• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
セイカ
4×4 ベスト判カメラ

 当時評判の良かったベストフィルムで4×4cm の画面サイズ、蛇腹とタスキによるレンズの保持方式は構造が複雑になるため避け、板金プレスによるかんたんな金属鏡胴がスプリングの力で飛び出すようにして、携帯時はレンズとシャッターを押し込んで収納沈胴した。 巻き取りの機構は アドラーIVと同じになっている。 底蓋開閉式のフィルム装填も珍しい。
発売年月
1939年
フィルムシステム ベスト 127フィルム使用
画面サイズ 40×40mm
レンズ セイカ 60mm F4.5 3群3枚構成
フォーカス 前玉回転 目測フォーカス
シャッター 3枚羽根  T ・B ・25 ・50 ・100 ・250
特徴 4×4cm画面用の番号の印刷してないベストフィルムで、巻き取りできるようにくふうが凝らされている(アドラーIVと同じ機構)
大きさ 巾 104mm 高さ 78mm 奥行き 73mm
質量 388g
価格 70円 (朝日ソノラマカメラレビュー89年10月号による)
見分けかた 底蓋開閉式フィルム装填。全体に金属光沢。

ページトップへ