• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー 500 G
35mmレンズシャッター
 フィルム感度の上昇とともに大口径レンズの存在は特殊になり、特にレンズシャッター式のコンパクトカメラではより小型軽量がユーザーの評価を得る必須条件になった。
 撮影レンズをF2.8とすることでシャッターに#000を採用できるので鏡胴を短く、径も小さくできる。
 フォーカスを前玉回転とすることでさらに小型になりコンパクトカメラの名にマッチする形態に到達した。
発売年月
1972年2月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
レンズ リケノン 40mm F2.8 3群4枚構成
フォーカス 距離計連動 前玉回転フォーカス
ファインダー 採光式フレームファインダー 絞り・露出不足警告・マニュアル表示
シャッター
リコー製シャッター  B ・ 1/8 - 1/500 セルフタイマーつき
露出制御 CdSメーター 針押さえ式EE 水銀電池 H-C 1個使用
特徴 距離に応じて絞りが設定されるフラッシュマチック機構
大きさ 巾 111mm 高さ 71mm 奥行き 56mm
質量 420g
価格 17,000円 ケース 1,800円
見分けかた ボディ前面が1枚のカバーで作られている、その中に額縁を作り黒革張り

ページトップへ