• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1946-1960

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー メイト
35mmレンズシャッター
  カメラにインダストリアルデザインの気風が入り、ドイツ製カメライメージからの脱却をはかる方向が潮流になってきた。このカメラもそのあらわれ。 鏡胴の外観を単純化し、目盛り数字は小穴から見る型式にしてある。
 このデザインは必ずしも評価を受けなかった、デザインとして早すぎだった。しかし現在のオートフォーカス一眼レフの交換レンズはすべてこの形態の鏡胴になっている。
 シャッターがセイコーSLV(新系列)になり、カメラの構造も新しい時代に移行した 。
発売年月
1960年4月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
レンズ リコー   45mm F2.8  3群4枚構成
フォーカス 距離計連動 ヘリコイド
シャッター
セイコーSL V 311 T   B ・ 1 - 1/500 セルフタイマーつき
特徴 採光式フレームファインダー・パララックス補正・自動復帰フィルムカウンター。フラッシュダイレクトコンタクトアクセサリーシュー。
大きさ 巾 115mm 高さ 76mm 奥行き 62mm
質量 調査中
価格 12,800円
見分けかた 角にやや丸みのあるファインダーカバー。鏡胴は円筒状で、目盛りを穴から見る。

ページトップへ