• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
スーパーオリンピック D型 / D III
フィルムカメラ

 日本最初のレンズシャッターフィルムカメラ。フィルムカメラとしてもハンザキャノンに次ぐ二番目。
 当時は35mmフィルムは、現在のようにパトローネ入りでどこでも売っている状態ではなく、自分でマガジンに暗室装填しなければならず、あまり一般性がなかったので、カメラとして評判にはなりにくかった。
 先頭を切ったことで歴史的に意味のあるカメラ。
発売年月
1936/37年
フィルムシステム 35mmフィルム使用 フィルムオートストップ
画面サイズ 24×36mm
レンズ ウーカスアナスチグマット 50mm F4.5 3群3枚構成
フォーカス 前玉回転フォーカス
シャッター 2枚羽根  T ・B ・25 ・50 ・100 ・150
特徴 当時としてはもっともモダンなフィルムシステムである35mmを採用。
大きさ 巾 100mm 高さ 60mm 奥行き 73mm
質量 約400g
価格 35円 ケース4円
見分けかた 四角く背高のカメラが多い中、35mmらしく横長の現代スタイル。レンズ前玉回転リング部に多少の相違の機種がある。
D型は専用ダブルマガジン式、D III では巻き戻し式になった。

ページトップへ