• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
オリンピック A型
ベスト半裁判カメラ

 戦前の一般用カメラのフィルムサイズは、ブローニーとベストであった。ベスト判は6.5×4cm、4×4cm、3×4cmの3種類の画面サイズがあった。3×4cm判は一番ポピュラーな画面サイズであり、多くのカメラが作られた。
オリンピックA型は簡易型カメラではあるが、日本のカメラとしてはじめてベークライトボディを採用した。樹脂をボディに使うことは今日では常識化しているが、当時は珍しかった。
このカメラはドイツのRUBERG & RENNER 社の Baby Ruby のコピーと言われる。
発売年月
1934年
フィルムシステム ベスト 127フィルム使用
画面サイズ 30×40mm
レンズ ジャパー50mm F8 2群3枚構成
フォーカス ベークライト製ヘリコイドによる簡易フォーカス
シャッター 2枚羽根  B・25
特徴 ベークライトボディの簡易カメラ。それでも当時としては立派な標準的カメラ
大きさ 巾 90mm 高さ 77mm 奥行き 64mm
質量 375g
価格 9円50銭 革サック1円
見分けかた 八角型のシャッター。

ページトップへ