• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー 35 フレックス Cds
35mmレンズシャッター一眼レフ
 レンズシャッター式の一眼レフはレンズ交換機能に制限があり、使える焦点距離の範囲が狭く、大口径レンズの搭載も難しかった。そのため一眼レフとはいえ人気がなく、ドイツ製を含めて各社各機種ともに短命に終わった。
 リコー35フレックスCdSは、改良機として準備されたが結局発売はされず、米国S社へのOEM製品として出荷されただけに終わった。
発売年月
1965年
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
レンズ リコー   50mm F2.8  3群4枚構成 リコー製 
交換レンズはコンバージョンレンズによる前面ねじこみ方式
シャッター セイコー 561 GLA   B ・ (1/30 - 1/300) セルフタイマーつき
ファインダー
ペンタプリズム一眼レフ、前玉回転フォーカス、 クイックリターンミラー
露出制御 CdSメーター針押さえ式プログラムAE ファインダー内定点表示
特徴 前機の特徴はそのまま、メーターがCdSに性能アップ
大きさ 巾 145.5mm 高さ 91mm 奥行き 83mm
質量 740g
価格 輸出専用機のため定価なし。
見分けかた 一眼レフのかたち、ファインダーカバー中央上一つ目小僧のようなメーター受光部、鏡胴は円筒状で、目盛りを穴から見る。

ページトップへ