• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

HDコーティングとは

“HDコーティング”は、デジタルカメラの進化に伴って高性能化が進むレンズ性能を支え、「より高品質な光学特性」を「より多くの製品」で提供するために開発された、新時代のマルチコーティングです。
[ マルチコーティングの反射率比較 ]
[ マルチコーティングの反射率比較 ]

従来のマルチコーティングの製法から一新することで、理論上の設計値により近いコート膜厚と反射防止性能が実現。この“HDコーティング”を採用したレンズ面は、従来のマルチコーティングと比較して約50%以下まで反射率の低減を実現しました。

[ 従来マルチコーティングの反射率ばらつき ]
[ 従来マルチコーティングの反射率ばらつき ] [ 従来マルチコーティングの反射率ばらつき ]
[ HDコーティングの反射率ばらつき ]
[ HDコーティングの反射率ばらつき ] [ HDコーティングの反射率ばらつき ]

上の図は10回の成膜工程からそれぞれのサンプル個体の性能をグラフ化したものですが、 “HDコーティング”では成膜の精度が非常に高く反射率の個体差が極めて少ないことがわかります。さらに、波長ごとの反射率の曲線が揃っていることから、理想的なカラーバランスが得られるという特長も示しています。

PENTAX コーティング
テクノロジーの歩み

マルチコーティング技術のパイオニア

1971年にPENTAXは、当時主流であった2層膜コートから最大7層膜におよぶマルチコーティングを実現させ、光学技術に革新的な進歩をもたらしました。
『smc PENTAX』の名を冠するレンズ群は多くの写真愛好家に親しまれ、生産技術の向上やカメラのデジタル化など、時流とともにPENTAXのマルチコーティングは進化を続けてきました。

マルチコーティング技術のパイオニア

最高峰の反射防止性能を備えた
“エアロ・ブライト・コーティング”を開発

その後、均質な空隙を持つシリカエアロゲル層を従来のマルチコーティング上に形成することで、より広い波長域で優れた透過率と反射防止性能を実現した“エアロ・ブライト・コーティング”を開発。
2009年に発売した「smc PENTAX-DA55mmF1.4 SDM」で初めて採用し、その後に発売された高性能レンズを中心に積極的に採用することでさらなる光学特性の向上を果たします。

最高峰の反射防止性能を備えたエアロ・ブライト・コーティング”を開発 最高峰の反射防止性能を備えたエアロ・ブライト・コーティング”を開発

高性能をより身近に進化させた”HDコーティング”の誕生

理想的な反射防止性能をもった“エアロ・ブライト・コーティング”ですが、ナノオーダーの空孔をもった非常にデリケートな膜構造により、耐擦傷性が弱く採用可能なレンズ面に制約がありました。加えて製造工程の制約から大量生産には向かず、比較的高価な製品に採用せざるを得ません。

この課題を解決するため、光学ガラスには必須となった存在”マルチコーティング”をさらに改良し、 “エアロ・ブライト・コーティング”にせまる性能を目指します。

従来のマルチコーティングに採用されていた真空蒸着での7層膜コートに対して、”HDコーティング”ではより高精度な膜形成が可能な”イオンアシスト蒸着”によって均質な膜厚での8層膜を形成。さらに最外層に真空蒸着を施した9層膜コートを採用するに至りました。

[ 膜厚ばらつき比較 ]
[ 膜厚ばらつき比較 ]

上の図は、製法の違いによるコート膜厚形成のばらつきを示しています。“HDコーティング”に採用されたイオンアシスト蒸着では、偏差0の個体が非常に多く、また、平均値からの膜厚の振れ幅も抑えられているのがわかります。

コート膜形成時の膜厚のばらつきが各層で最小限に抑えられ、9層にも及ぶマルチコーティングの総合性能の向上につながっています。

さらにこの製法は、コートの充填密度の向上により極めて強固なコート膜の形成を実現し、高品質化のみならず、多くの製品、レンズ面に採用することができる汎用性をも備えるに至りました。

[ 各コーティングの反射率比較 ]
[ 各コーティングの反射率比較 ]

従来のマルチコーティングに対する大幅な性能向上にとどまらず、PENTAX最高峰の性能を誇る“エアロ・ブライト・コーティング”に対しても可視光域(400~700nm)で肉薄する、優れた反射防止性能を発揮する”HDコーティング”。

PENTAXブランドは今後、優れた光学性能と汎用性を兼ね備えたこの”HD コーティング”を採用した『HD PENTAX』レンズのラインアップをさらに充実させてまいります。

HDコーティングとは

最新のコーティングをまとい、
35ミリフルサイズ対応の常用広角レンズが
リニューアル

フィルム一眼レフ用レンズとして発売され、高い解像力からカメラのデジタル化以降も常用広角レンズとしてロングセラーとなった「smc PENTAX-FA35mmF2 AL」。
近年、デジタルカメラの高画質化に対応した大型・重量級の高性能レンズが増えてきましたが、一方で素性の良い光学設計とコンパクトサイズはそのままに、全体的なレンズコーティングの見直しによりリニューアルした『HD PENTAX-FA35mmF2』は、さらに優れた性能を持ったレンズとして生まれ変わりました。

高性能な最新マルチコーティング“HDコーティング”を採用することで、コントラストが高く周辺まで高精細でヌケの良い描写を実現しています。

HDコーティング化の
恩恵とは

[ FA35mmF2 レンズ一面あたりの反射率比較例 ]
[ FA35mmF2 レンズ一面あたりの反射率比較例 ]

新・旧FA35mmF2の製品の同一レンズ面で比較した場合の反射率です。 可視光域(400~700nm)の範囲で『HD PENTAX-FA35mmF2』の高い反射防止性能が読み取れます。

逆光耐性比較

(smc PENTAX-FA35mmF2 AL)
(smc PENTAX-FA35mmF2 AL)
(HD PENTAX-FA35mmF2)
(HD PENTAX-FA35mmF2)

画面内に強い光源があるような悪条件であっても、従来のマルチコーティングの製品に比べてゴーストの発生が抑えられています。

透過率比較
透過率比較
レンズ構成図
レンズ構成図

シンプルなレンズ構成である新・旧FA35mmF2ですが、『HD PENTAX-FA35mmF2』ではHDコーティングを施した各レンズ面の反射防止性能によって、レンズ全体としての透過率の向上を実現しています。

作例ギャラリー

佐々木 啓太 佐々木 啓太

佐々木 啓太

1969年兵庫県生まれ。日本写真芸術専門学校を卒業後、貸スタジオ勤務、写真家のアシスタント生活を経て独立。現在は『街角写真家』という肩書きをつけて、雑誌での執筆をこなしながら作品作りに励んでいる。フィルム時代はモノクロオタク、デジタルでカラーにも取り組み始めた。オリジナルはプリントに限るが持論。 (http://www.facebook.com/KeitaPage2)

絞り
F2.0
シャッタースピード
1/2000sec
感度
200
ホワイトバランス
日陰
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F2.8
シャッタースピード
1/1000sec
感度
100
ホワイトバランス
太陽光
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F3.5
シャッタースピード
1/8000sec
感度
100
ホワイトバランス
太陽光
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F5.6
シャッタースピード
1/100sec
感度
100
ホワイトバランス
太陽光
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F2.8
シャッタースピード
1/125sec
感度
100
ホワイトバランス
CTE
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F2.0
シャッタースピード
1/100sec
感度
100
ホワイトバランス
太陽光
画像仕上
モノトーン

絞り
F5.6
シャッタースピード
1/250sec
感度
100
ホワイトバランス
太陽光
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F5.6
シャッタースピード
1/125sec
感度
100
ホワイトバランス
太陽光
画像仕上
雅(MIYABI)

絞り
F2.0
シャッタースピード
1/50sec
感度
100
ホワイトバランス
電球色蛍光灯
画像仕上
フラット

新たにHDコーティング化された HD PENTAX-FA35mmF2 を友に鎌倉、北海道と旅をしました。潔く単焦点レンズ一本にすると工夫する気持ちがうまれて、その気持ちはその地をより知ろうとする意識につながると思っています。

フルサイズの35mmレンズは広角レンズと言われることもありますが、少し広い標準レンズというほうがボクの感覚にはあっています。コンパクトなサイズで旅先の何気ない出会いに素直に対応しやすい画角でちょっと寄れるのもこのレンズが旅の友に合っていると感じた理由でした。

実は従来のsmc PENTAX-FA35mmF2は使ったことがないので、コーティングの違い、特に逆光条件などの正確な比較は出来ないのですが、コントラストが強くなる逆光や半逆光でも暗部の質感や階調が豊富なので露出コントロールがしやすく安心感がありました。
コーティングの恩恵というものはデジタル的な数値での比較でないと分かりづらい場合が多いと思いますが、安心感につながるアップデートは大歓迎ではないでしょうか。

デザインのリニューアル

デジタル一眼レフカメラボディ、
現行レンズラインアップにマッチするデザイン

カメラボディ、他のレンズ群にマッチするよう外装には縮緬塗装を採用。また、グリーンリングを配したデザインとしました。

SP(Super Protect)
コーティング

メンテナンスを容易にする
フッ素コート

前玉(第1レンズ)の前面にはPENTAXレンズに豊富に採用されている“SPコーティング“を採用。硬度が高く、レンズ保護に効果を発揮するフッ素コーティングです。撥水性と撥油性にすぐれ、レンズにホコリや水滴、油汚れなどがつきにくくなると同時に、汚れが付着した場合でも、簡単に除去しやすいという特長を備えています。

コンパクトさはそのままに、
より扱いやすく進化した
35ミリフルサイズ対応広角レンズ
HD PENTAX-FA 35mmF2

『HD PENTAX』レンズラインアップ

カテゴリ タイプ 製品名 焦点距離

FF装着時*(上段)
APS-C装着時*(下段)

絞り値
広角レンズ ズーム HD PENTAX-DA11-18mmF2.8ED DC AW
NEW!APS-C
11-18mm
17-27.5mm
F2.8
HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR
35mm Full FrameAPS-C
15-30mm
23-46mm
F2.8
単焦点 HD PENTAX-FA35mmF2
NEW!35mm Full FrameAPS-C
35mm
53.5mm
F2
HD PENTAX-DA 15mm F4ED AL Limited
APS-C
15mm
23mm
F4
HD PENTAX-DA 21mm F3.2AL Limited
APS-C
21mm
32mm
F3.2
標準レンズ ズーム HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6ED DC WR
APS-C
16-85mm
24.5-130mm
F3.5-5.6
HD PENTAX-DA 18-50mm F4-5.6 DC WR RE
APS-C
18-50mm
27.5-76.5mm
F4-5.6
HD PENTAX-DA 20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR
APS-C
20-40mm
30.5-61.5mm
F2.8-4
HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR
35mm Full FrameAPS-C
24-70mm
37-107mm
F2.8
HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
35mm Full FrameAPS-C
28-105mm
43-161mm
F3.5-5.6
単焦点 HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited
APS-C
40mm
61mm
F2.8
HD PENTAX-D FA50mmF1.4 SDM AW
35mm Full FrameAPS-C
50mm
76.5mm
F1.4
望遠レンズ ズーム HD PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8ED WR
APS-C
55-300mm
84.5-460mm
F4-5.8
HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE
APS-C
55-300mm
84.5-460mm
F4.5-6.3
HD PENTAX-D FA70-200mm F2.8ED DC AW
35mm Full FrameAPS-C
70-200mm
107-307mm
F2.8
HD PENTAX-D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
35mm Full FrameAPS-C
150-450mm
230-690mm
F4.5-5.6
単焦点 HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited
APS-C
70mm
107mm
F2.4
HD PENTAX-DA 560mm F5.6ED AW
APS-C
560mm
859mm
F5.6
マクロレンズ 単焦点 HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited
APS-C
35mm
53.5mm
F2.8
コンバーター・AFアダプター HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW - -

ページトップへ