• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

RICOH G900 使い方 現場写真の撮影ガイド

現場写真の撮り方からRICOH G900の使い方まで、わかりやすく動画で解説!
基本的なカメラの構え方から現場写真に必要な撮影テクニックまで、全30本のパーフェクトガイドです。

■現場用カメラ RICOH G900の使い方

A.キチンと日付を合わせましょう

B.メモリーカードにセキュリティーを掛ける

C.記録サイズと画質を合わせましょう

D.カメラにセキュリティーを掛ける

E.「AF」モードを決めましょう

F.「測光方式」を決めましょう

G.「感度」を決めましょう

H.「ホワイトバランス」を決めましょう

I.ADJ ボタンを便利に使う

J.「U1/U2」に登録する

K.強化されたGPS 機能

■現場写真の撮り方

01.カメラの構え方・シャッターの切り方

02.光の角度を知っておきましょう

03.露出(明るい・暗い)が合っていないときは

04.日中シンクロ

05.黒板にキチンと書きましょう

06.ベストアングルを探す

07.黒板をキチンと写す

08.「画像クリップ」で、黒板を合成する

※「デジタル工事写真の高度化に関する協議会」が提唱する信憑性確認(改ざん検知機能)・小黒板情報連携機能に対応。カメラ設定の「画像加工検知」をONにして撮影してください。
※RICOH G900SE対応のファームウェアは11月下旬のリリースを予定しています。

09.添尺を施す

10.さまざまな添尺

11.目的を忘れずに

12.「すかし撮影」を上手に使う

13.「黒板」以外の黒板を利用する

14.電子小黒板を使ってみる

※「デジタル工事写真の高度化に関する協議会」が提唱する信憑性確認(改ざん検知機能)・小黒板情報連携機能に対応。カメラ設定の「画像加工検知」をONにして撮影してください。
※RICOH G900SE対応のファームウェアは11月下旬のリリースを予定しています。

15.フラッシュ撮影ではハレーションに注意!

16.逆光時の撮り方

17.マニュアルホワイトバランス

18.小さい被写体を撮る —1cm マクロ撮影—

19.極小の世界を「顕微鏡」モードで撮る

ページトップへ