• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

製品情報 products

デジタル一眼レフカメラ/K100D カタログ(3.7MB)
特長 仕様 外観 アクセサリー 作例 FAQ

一眼レフに残された命題は、ぶれとの闘いでした。

手ぶれ補正
手ぶれになりやすいシーンでも安心
シェイクリダクション=SR
望遠レンズを使う、室内でストロボを使わずに撮影する、夕景やマクロレンズでの撮影など、手ぶれを起こしやすい条件のもとでも、ペンタックス独自の手ぶれ補正機構「SR(シェイクリダクション)」により、ぶれを抑えたシャープな画像が得られます。微少な手ぶれにも補正が働くため、わずかなぶれのせいでどこにもピントが合っていないように見える写真もなくせます。シャッター速度換算で約2段~3.5段分の補正効果があります。
※レンズ種類や撮影条件により補正効果は異なります。カメラを三脚に固定して撮影する場合は、SRをOFFにしてください。

従来レンズが使える内蔵方式
手ぶれ補正機構 手ぶれ補正機構
K100Dは手ぶれ補正機構をボディに内蔵しているので、従来のペンタックス交換レンズはもちろん、装着できるどんなレンズでも、手ぶれ補正が働きます。手ぶれ補正機構をレンズに内蔵した方式と比べ、レンズに手ブレ補正に必要な光学系や機構が加わらないため、画質劣化のないコンパクトなレンズを使用できることもボディ内蔵方式のメリットです。
K100Dの手ぶれ補正機構「SR(Shake Reduction)」
磁力駆動の高速レスポンス
シェイクリダクション機構
K100Dの手ぶれ補正機構「SR」は、新機構の撮像素子シフト方式。2個のジャイロセンサーでカメラのぶれの量と方向を感知。高速演算した補正値に基づき撮像素子を水平垂直に高速移動させることによってぶれを補正します。撮像素子の駆動は磁力による新方式を採用。フロントプレートのマグネットとセンタープレートの平面状コイルによって、磁力をコントロールします。メカニカルなガイド機構が無いため、パワーロスが無く俊敏な応答性とスピードを実現しました。また撮像素子はリアプレートの3点支持ボールにより精密に保持されています。機構全体がシンプルなため、K100Dは手ぶれ補正機構を搭載しながら小型ボディを実現しています。
超高感度
被写体ぶれを防ぐISO3200
K100Dは、撮影意図によって、標準出力感度をISO200、400、800、1600、3200の5段階に任意に設定できます。画像ノイズの低減を徹底的に追求し、ISO3200相当の超高感度撮影を可能にしました。暗い状況でも速いシャッターを切ることができ、手ぷれや被写体の動きによるぶれを軽減することができます。ストロボを使わずその場の雰囲気を残した写真を撮りたいときなどにも威力を発揮します。

オート感度設定も可能
「オート感度」を選ぶと、露出と焦点距離に応じてカメラが自動的に感度を調整してくれます。調整範囲の上限は超高感度ISO3200まで可能。「オート感度」で設定された感度はOKボタンを押せば即座に確認ができます。
ISO3200
ISO3200
 
ISO200
ISO200

撮影者の行動力に即応できなければ、一眼レフとはいえない。

正面・背面図

1:グリップ
グリップ
ボディは小さくても、グリップは大きめ。しっかりホールドできるラバーグリップを採用。長時間の撮影でも疲れにくいよう配慮しました。
2:デジタルプレビュー
デジタルプレビュー
撮影する画像を事前に液晶モニターでチェック可能。ボケ味のほか、露出、ホワイトバランス、ストロボ照明など、詳細な内容を確認できます。

3:ファインダー
ファインダー
ファインダーで見たままの像が撮影できるのが一眼レフの大きな魅力。K100Dは視野率96%、像倍率0.85倍と、ペンタミラー方式でトップレベルの見やすさ。明るくクリアな像は、ファインダーを見るだけで楽しくなります。また、ファインダー接眼部には、視度調整機構も装備しています。

【ファインダー内表示】
露出、ストロボ、ピント、撮影可能枚数、ホワイトバランスなど、多彩な撮影情報を、フレームの下部に集中して表示。ピクトマークや文字も大きく、わかりやすくしています。また、ファインダー視野枠内には、合焦した測距点が赤く光るスーパーインポーズ機能を装備。測距点を自分で選ぶ際にも光って表示します。

4:表示パネル
表示パネル
露出、撮影枚数、電池の残量など、多彩な撮影情報を常時表示します。大型パネルで文字も大きく、カメラの設定状態が瞬時に確認できます。
5:ストロボ
ストロボ
プリ発光により高い露出精度が得られるP-TTL制御のオートストロボを内蔵。オートポップアップ機能付。外部ストロボとの連動も可能。

6:マルチ電源
マルチ電源
CR-V3リチウム電池2本、単3形電池4本、ACアダプターが使えるマルチ電源方式。旅先で入手しやすいアルカリ電池も使用できます。
7:SDメモリーカード
SDメモリーカード
記録媒体には、コンパクトで性能の安定したSDメモリーカードを採用。1GBを超える大容量のカードもあり、枚数を気にせずに撮影できます。

8:ウイング
ウイング
背面のボタンを操作するとき、しっかりと指先をかけられるウイング。ソフトですべりにくいウレタン樹脂ポッティング加工を採用しています。
9:十字キー
十字キー
メニュー画面や再生画面で、独立した上下左右のボタンですばやく選択。決定は中央のOKボタンを押すだけというわかりやすい操作です。

10:Fnボタン
Fnボタン
よく使う機能を瞬時に呼び出せるボタン。ホワイトバランス、ドライブモード、ストロボ、感度の4つの機能がスピーディに切り替えられます。
11:背面ボタン
背面ボタン
撮影操作を考え、ボタン類は大きく、手さぐりでも押しやすい位置に設けました。ストロークも大きく、はっきりとした操作感覚が得られます。

12:液晶モニター:2.5型21万画素
液晶モニター:2.5型21万画素
撮影した画像の構図やピントなどを、すぐに確認できることがデジタル一眼レフの特長。すみずみまで美しい画像で再生できるよう、K100Dは、2.5型の大画面、21万画素の高精細晶モニターを採用しました。拡大表示やヒストグラムによる露出表示などの再生機能だけでなく、撮影時にも、撮影ガイドなどを大きな文字で見やすく表示します。

クリアで広視野角K100Dのモニターは、明るい場所での視認性を高めるため、液晶のコントラスト比を改善。よりくっきりとした画像を実現しています。さらに、視野角も約140度に拡大。斜めからでも見やすく、複数の人で液晶モニターを見る場合などに便利です。また、モニターは、明るさを15段階に調整可能。詳細設定メニュー画面から、最も見やすい輝度に調整できます。


ステンレスシャシー
ステンレスシャシー
強度にすぐれたステンレスを用いた立体構造のフレーム。ボディ内部に効率的なスペースを確保でき、小型軽量化を達成しています。
ガイド表示
ガイド表示
撮影時には撮影モード、メニューなどを大きな文字で見やすく表示。ピクチャーモードやシーンモードなど、わかりやすい説明も表示できます。

9画面再生
9画面再生
再生時には、9つの画像を同時に表示することも可能。大画面だからひとコマずつもはっきり確認できます。スライドショウ機能も備えています。
ヒストグラム表示
ヒストグラム表示
撮影後に、露出レベルをヒストグラムで表示することも可能。グラフの山が片寄らなければほぼ適正な露出です。白飛びの警告も表示します。

12倍拡大表示
12倍拡大表示
再生表示中にセレクトダイヤルを回せば、撮影した画像をズームアップし、約12倍まで拡大して表示することができます。拡大してみたい部分の選択は、十字キーでかんたん。ピントや微妙な質感、人の表情などまで細かくチェックできます。OKボタンを押せば等倍表示に戻ります。

意図どおりの映像表現のために、一眼レフは存在する。

ピクチャーモード
被写体の状況や撮り方に合わせて、6つのモードをダイヤルで選択。露出やストロボなどのめんどうな設定がワンタッチ。同じ被写体を続けて撮影するときなどに便利です。

人物モード 風景モード マクロモード
人物モード 風景モード マクロモード
 
動体モード 夜景人物モード ストロボオフモード
動体モード 夜景人物モード ストロボオフモード

オートピクチャーモード
オートピクチャー被写体や状況に合わせて適切な撮影モードをカメラが判断。5つのピクチャーモード(人物、風景、マクロ、動体、標準)に自動的に切り替わります。

シーンモード
特定の撮影シーンや被写体に適した8つのシーンモードを装備。液晶モニターのモードパレットで選択するだけで、プロ並みの写真が簡単に撮影できます。

夜景 サーフ&スノー テキスト
夜景 サーフ&スノー テキスト
 
夕景 ペット 美術館
夕景 ペット 美術館
 
キッズ キャンドルライト  
キッズ キャンドルライト  

※ピクチャーモード、シーンモードでは、撮るものに合わせて、露出だけでなく、ホワイトバランス、色調などをきめ細かく自動調整。風景はより鮮やかに、人の肌はよりなめらかに写せます。

Pプログラム自動露出/Tvシャッター速度優先自動露出/Av絞り優先自動露出/Mマニュアル露出/Bバルブ
Pプログラム自動露出/Av絞り優先自動露出/Tvシャッター速度優先自動露出/Mマニュアル露出/Bバルブ露出
ピクチャーモードやシーンモードのほか、撮影者の意図を反映できる撮影モードを装備。画像仕上、彩度、シャープネスなどを調節できる「プログラム」、背景をぼかすなど、被写界深度を自分で決めたいときは「絞り優先」、動きのあるものを撮るときは「シャッター速度優先」、もっと意のままの露出にしたいときは「マニュアル」。さらに長時間露光の「バルブ」も可能。自分だけの写真表現に挑む上級者の撮影テクニックにも対応しています。

一眼レフならではの性能、 デジタルだからこその機能……。 すべては感情を揺さぶる写真のために。

高速シャッター
1/4000秒の高速シャッターを装備。動くものを止めて撮影したい場合に効果を発揮します。さらに背景のボケ味が欲しいときなどに絞りをより開くことができ、表現の範囲をひろげることができます。

セルフタイマー/リモコン
約12秒後にレリーズする通常のセルフタイマーに加え、ミラーアップして2秒後にレリーズする2秒セルフ機能も装備。別売のリモコンを用いての遠隔撮影もできます。

高速連続撮影
動く被写体などを捉える約2.8コマ/秒、最大5コマ(JPEG、S.ファイン時)までの連続撮影機能を備えています。
 
高速連続撮影

画像仕上
鮮やか   ナチュラル
鮮やか   ナチュラル
K100Dでは、2通りの「画像仕上」を選択可能。そのままプリントする場合には、ビビッドな色調で仕上がる「鮮やか」。あとから画像を加工する場合には、微妙な色合いが出せる「ナチュラル」が適しています。

ホワイトバランス
ホワイトバランス/オート   ホワイトバランス/白熱灯
ホワイトバランス/オート   ホワイトバランス/白熱灯
白を正しい色に調整するホワイトバランスを装備。カメラが自動的に判断するオートホワイトバランスのほか、光源の種類に合わせる8通りのプリセット設定機能、さらにマニュアルで設定できる機能も備えました。

大型CCD
大型CCD
有効610万画素、23.5×15.7mmの大型CCDを搭載。豊かな階調描写や美しいボケ味など、一眼レフならではの表現力を発揮します。

描画エンジン
なめらかで解像感のある美しい写真表現のために、画像処理エンジンをチューンアップ。繊細かつシャープな表現力で、肌の質感や透明感までも美しく描写します。

11点測距AF
11点測距AF
11点測距の高精度AFを搭載。フォーカスエリアが広く、中央の9点はタテヨコいずれの線でも被写体をとらえるクロスセンサー。画面中心を外れた被写体でもオートでピント合わせができ、構図決定の自由度にすぐれています。さらに測距点をマニュアルで選べる機能、合焦点を赤色で表示するスーパーインポーズ機能も装備。

16分割測光
16分割測光
光が複雑に入り組んだ被写体や、逆光などの悪条件にも対応する16分割測光を採用。被写体までの距離情報も加味して演算し、ほとんどの撮影で期待通りの露出が得られます。また、中央重点測光や、画面中央の約2.5%の範囲だけを測光するスポット測光も選べます。

AE-Lボタン
AE-Lボタン
自動露出の場合、AE-Lボタンを押すと、その時点での露出をカメラが記憶。カメラアングルを変えたりズームしたりしても、そのままの露出で撮影できるため、スピーディな露出調整が可能です。マニュアル露出の場合は、適正露出となるよう絞り・シャッター速度がセットされます。

オートブラケット
露出を3段階に変えて撮影し、あとからベストショットを選ぶ。そんな撮影がオートでできます。撮影できる露出の範囲はプラスマイナス2EVまで。1/2EVまたは1/3EVステップで設定できます。不要な画像はあとから自在に消去できるデジタルカメラだから、積極的に使いたい機能です。
 
+1/2EV ±0EV -1/2EV
+1/2EV ±0EV -1/2EV

露出補正
露出補正
補正ボタンとセレクトダイヤルですばやく操作できる露出補正機能を装備しています。

撮影した画像が姿を変える。 デジタルフィルタ。

ソフト
加工済   未加工
ソフト加工   未加工
撮影後にカメラ本体で、画像にさまざまな加工処理が施せる多彩なデジタルフィルタを装備しています。とくにソフトは、ソフトレンズによる撮影に匹敵する美しさ。画像の芯をくっきりと残しながら、やわらかな光で包むソフト効果が3段階に調節できます。

白黒
セピア
スリム
白黒 セピア スリム
味わいのあるモノクロームの階調で仕上げます。 ノスタルジックなセピア調の仕上げもかんたんです。 縦横の比率を伸縮させ、人物などをスリムにしたり太らせたりできます。

カラー
カラーフィルターを使用したような画像効果が得られます。色調は中間色を含む18色。柔らかな雰囲気や、ビビッドな色合いに変えるなど、さまざまな演出ができます。
 
カラーフィルター カラーフィルター カラーフィルター

明るさ
画像の明るさをプラスマイナス8段階に微調整できます。撮影した画像に対し露光量の調整をすることができ、カメラから直接プリントするときなどに便利です。
 

ー8 ー5 ー2
-8 -5 -2

未加工
未加工

+2 +5 +8
+2 +5 +8

イメージを解き放つ手段は多彩。

パソコン接続
パソコン接続
接続はハイスピードUSB2.0。付属のペンタックスフォトブラウザー3を用いて、画像の取り込み、閲覧、保存、加工など、さまざまに楽しめます。RAWデータはペンタックスフォトラボラトリー3で現像処理できます。

ダイレクトプリント
ダイレクトプリント
付属のUSBケーブルでカメラとPictBridge対応のプリンターを接続。パソコンを介さずに簡単にプリントできます。あらかじめ画像にDPOF指定をしておけば、画像ごとの枚数、日付の有無などを自動でプリントしてくれます。

テレビ接続
テレビ接続
付属のビデオケーブルで、カメラとテレビなどビデオ入力端子をそなえた機器を接続。カメラ側の再生操作で、9画面分割、ズーム拡大、スライドショーなどができます。大画面で再生して、多人数で楽しみたいときに利用します。

液晶モニター
液晶モニター
細部までシャープな2.5型21万画素の大型液晶モニターで、撮ったその場で即再生。明るさ調整機能をそなえ、屋外でもくっきりと鑑賞できます。視野角は140度の広さ。斜めからでもはっきり見え、複数の人で見る場合にも便利です。

2つの色空間
2つの色空間
画像の出力の仕方に応じて、一般的なsRGBと、商業印刷などの業務用に用いられるAdobeRGBの2タイプの色空間を用意しています。

デジタルの世界、一眼レフの世界には、 精緻な裏付けがある。

高機能な画像閲覧ソフト

PENTAX PHOTO Browser3
K100Dで撮影した画像をパソコンに取り込み、編集したり閲覧したりするためのソフトウェアです。ペンタックスフォトブラウザー2.1からバージョンアップして機能を強化。表示速度をスピードアップ、画像取り込みや付箋機能、プロテクト機能をより使いやすく、撮影データをより詳細にするなど、使い勝手がさらに快適になりました。










パソコンへの画像の簡単取り込み
4種類のサイズでのサムネイル表示
選択した画像のプレビュー表示
シーンモードなど、多彩な撮影情報の表示
画像ファイルの多彩な編集機能
RAWデータからのJPEGデータ抽出・保存機能
Adobe DNGフォーマットへの変換機能の追加
画像回転、拡大表示、スライドショウ
自動画像補正機能
簡単印刷機能
付属CD-ROM(S-SW53)
PENTAX PHOTO Browser3

AWデータの現像・画像処理ソフト

PENTAX PHOTO Laboratory3
カメラで画像処理されていないRAWデータを現像し、画像調整などさまざまな処理を行うためのソフトウェアです。
現像エンジンに市川ソフトラボラトリーのSILKYPIXを採用。現像処理プロセスをさらに高品位にしました。
画像処理機能もさらに強化し、レタッチソフトを使わずに、多彩な画像補正や加工が可能です。









RAWデータの画像表示
JPEG、TIFF形式での現像、画像保存
感度、明るさ、彩度、コントラスト、輪郭などの画像調整
トーンカーブを用いた階調の調整
ヒストグラム表示に白飛び、黒つぶれ表示
グレー点表示を用いてのホワイトバランス調整
RAWデータからの直接プリント
ノイズ除去、周辺光量調整、歪曲収差・色収差補正
あおり(デジタルシフト)による画像補正
付属CD-ROM(S-SW53)
PENTAX PHOTO Laboratory3

システム環境について
カメラからパソコンに画像を転送し、PENTAX PHOTO Browser3およびPENTAX PHOTO Laboratory3をインストールして使用するには、次のシステム環境が必要です。
※推奨環境のすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。

[Windowsのシステム環境]
●USB接続
・ Windows 2000/XP(Home Edition・Professional)がプリインストールされたパソコン
・ USBポートが標準で搭載されていること
●アプリケーションソフト
<PENTAX PHOTO Browser 3 / PENTAX PHOTO Laboratory 3>
・ OS Windows 2000/XP(Home Edition・Professional)
・ CPU Pentium 4以上(Pentium 4 2.0GHz以上を推奨)
・ メモリー512MB以上(1.0GB以上を推奨)
・ モニター1024×768以上(1280×1024以上を推奨)、24bitフルカラー(約1677万色)表示可能なもの
・ ハードディスクの空容量 250MB以上(500MB以上を推奨)

[Macintoshのシステム環境]
●USB接続
・ Mac OS X 10.2以降がプリインストールされたMacintosh
・ USBポートが標準で搭載されていること
●アプリケーションソフト
<PENTAX PHOTO Browser 3 / PENTAX PHOTO Laboratory 3>
・ OS Mac OS X 10.2以降
・ CPU PowerPC G4以上(PowerPC G5を推奨、Intel Coreプロセッサ搭載機はRosetta上で動作可能)
・ メモリー512MB以上(1.0GB以上を推奨)
・ モニター1024×768以上(1280×1024以上を推奨)、24bitフルカラー(約1677万色)表示可能なもの
・ ハードディスクの空容量 250MB以上(500MB以上を推奨)

付属品
付属品

ページの上に戻る

ページトップへ