• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

2012年9月11日

ペンタックス一眼カメラ用交換レンズの新マルチコーティング技術

「HDコーティング」を開発

ペンタックスリコーイメージング株式会社(代表取締役社長:赤羽昇)は、レンズの新たなマルチコーティング技術として「HDコーティング注1」を開発いたしました。
 本技術は、従来のマルチコーティングに比べ超低屈折率を実現し、光の透過率を大幅に高めた独自のマルチコーティング技術です。より反射が少なく逆光など光線状態の厳しい撮影条件下でゴーストやフレアーの発生を抑え、クリアな描写を可能にしました。上位機種で採用しているナノテクノロジーから生まれた当社独自の特殊レンズコーティング技術“Aero Bright Coating(エアロ・ブライト・コーティング)”に近い光学特性をマルチコーティングで実現しています。
 今後、弊社が発売する当コーティングを採用したデジタル一眼カメラ用レンズには、これまで使用してきた「smc PENTAX」に代わり、レンズ名称に「HD PENTAX」を冠して展開していきます。

注1:「HD」はHigh Definitionの略。

  1. 可視域の反射率を半減

    「HDコーティング」は、従来のマルチコーティング比で可視域全域にわたり反射率を半分以下に抑え、ゴーストやフレアーの抑制効果を大幅に高めることに成功しました。
  2. 硬度の高いコーティング膜

    「HDコーティング」は、従来のマルチコーティングに比べて膜材料の結合が強く充填密度が高いため、コーティング膜の硬度が極めて高く耐久性に優れています。
  3. 設計意図をコーティング膜に精確に反映

    従来のマルチコーティングでは、膜材料を真空中で溶かして蒸着させる真空蒸着法でコーティング膜を生成していましたが、この製法ではコーティング膜の密度を十分高めることができないので、膜厚と屈折率のばらつきを生じていました。
    新開発の「HDコーティング」は独自の特殊製法によりこの問題をクリアし、コーティング膜の密度を高め、膜厚をナノメートル(百万分の一ミリメートル)単位で精確に制御することを実現しました。その結果、コーティングの設計値をダイレクトにコーティング膜に反映させることが可能となり、反射防止性能を大幅に向上させることが出来ました。

従来のマルチコーティング と HDコーティングの反射率比較

可視光域全体にわたり、従来のマルチコーティングの反射率を半減。
波長による反射率のばらつきが少ないので、理想的なカラーバランスの制御が可能。

この件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします

[お問合せ先]ペンタックス お客様相談センター TEL. 0570-001323

ご注意:ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告無く情報が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの上に戻る