• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

GR DIGITAL

特長3:写真表現のための充実したアーキテクチャ

撮影者の想いまでも、写し取りたい。写真表現のための充実したアーキテクチャ。

心を揺さぶる荘厳な風景
心を揺さぶる荘厳な風景。光量を飽和させず、さらに暗部のディテールまで再現する。
1/5sec F5.6 ISO64 ノートリミング

豊富な撮影パラメータをカスタマイズ可能

GRがデジタルへと進化することで、新たに獲得した能力があります。それは撮影者が“自分だけの再現性”を手に入れられること。 GR DIGITALはシャープネスやコントラスト、色の濃さなど、撮影パラメータをマニュアルで調整することが可能です。 銀塩の時代、好みの仕上がりとするためフィルムを使い分けたり、現像やプリント時に画質を調整していたように、画質を設定することができます。 さらに、任意のパラメータ設定の組み合わせを2つまでカメラに登録でき、よく撮影するテーマや撮影条件に応じて呼び出すことが可能。各パラメータは5段階できめ細かく調整することができます。

 

ワンショットでRAWとJPEGを同時記録

DNG

撮影後に任意のパラメータで現像が行え、好みの表現に仕上げられるRAW形式。GR DIGITALは、 1回のレリーズでRAW形式とJPEG形式の2つのファイルが同時に記録されます。最高の1コマを用途や目的に応じて使い分けられ、作品の幅が広がります。 RAW形式のフォーマットには、Adobe社のDNGフォーマットを採用。広く普及しているPhotoshopなどで現像が可能です。

 

微妙な色の表情も確実に捉えるホワイトバランス制御

的確なホワイトバランスは、デリケートな色を忠実に再現するための前提条件です。 GR DIGITALは被写体の色や反射率に応じて、高精度な測定を実現するAUTOのほか、屋外、曇天、白熱灯、蛍光灯など充実した5つのモードを用意しています。 このほか手動設定、詳細設定も選択可能。ホワイトバランスを段階的にシフトさせつつ連続撮影する、ホワイトバランスブラケット機能も効果を発揮します。

 

あらゆる撮影シーンに素早く対応する高精度AE

撮影モードは、プログラムシフトと絞り優先の2つのAEモードに加え、マニュアル露光モードも用意。プログラムシフトモードでは、カメラが適正と判断する絞りとシャッタースピードの組み合わせを、プログラムラインに沿ってスピーディに変更できます。また、測光方式として、256分割マルチ測光、中央重点測光、スポット測光を搭載。特にマルチ測光は、測距点周辺の輝度差に影響されない、卓越した測光精度を実現しました。

 

メモリーフルまで撮影サイクル約1.5秒*を誇る速写性能

シャッターボタン一気押しでも、高いAF性能を実現。AFをはじめとする全シーケンスが最速で作動し、メモリーカードへの高速書き込み技術と相まって決定的な瞬間に即応することが可能です。さらに、符号量制御アルゴリズムの高速化により圧縮時間を短縮。撮影間隔も約1.3秒という高速レスポンスを実現しています。
*転送速度10MB/秒以上のハイスピードSDメモリーカード使用時。RAWモードを除く。

 

ページトップへ