• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • フォトアカデミー
  • コミュニティ
  • サポート

リコーイメージングスクエア東京 4月2日リニューアルオープン

【ご案内】リコーイメージングスクエア銀座は2月29日(土)をもちまして閉館致しました。

リコーイメージングスクエア統合および改称のお知らせ

「スナップショット -瞬間はいつも輝いている-」

作 家:ERIC・小松健一・佐藤 理・白石ちえこ (敬称略・順不同)

2019年7月10日(水)~8月11日(日)

11:00~19:00(最終日16:00まで)※入館は閉館時間30分前まで

展示期間中作品を販売いたします

リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリー A.W.P

作品内容

写すという行為は被写体の発見から始まります。写したいという衝動に駆られる被写体とは何か。その対象となる被写体はさまざまである。シャッターを押す瞬間の心のときめきこそが写す醍醐味ともいえる。今回の写真展は4人の写真家によるスナップショットである。Ericは市井の人々を至近距離で居合抜のごとく写す。しかも、日中にフラッシュを使っての撮影だ。写された側もその事実に気づかないという。小松健一は1970年代から80年代の東京のスナップだ。高度経済成長の終焉以降の東京に暮らす人々を独自の視点で描く。佐藤理は1970年代の群馬県の山人の暮らしを写した。しかも大型の8×10カメラを担ぎ上げての撮影である。白石ちえこは郷愁あふれるシーンにカメラを向けた。ゆっくりと時間が流れていくが、写さなければいずれ消滅する光景でもある。作家の独自の視点で表現された瞬間である。
展示作品は、Ericはカラー、小松氏・佐藤氏・白石氏はすべてモノクロームのゼラチンシルバープリントで合計32点を展示いたします。併せて展示作品の販売もおこないます。

作家プロフィール

©ERIC

ERIC
1976年 香港生まれ
1997年に来日し、西村カメラで写真を学ぶ。2001年に東京ビジュアルアーツ卒業。同年「蓄積と未来」でコニカフォトプレミオ大賞受賞後、2002年「一日と永遠」で第19回ひとつぼ展グランプリ、2004年「every where」で第2回ビジュアルアーツフォトアワード大賞、2009年「中国好運 │GOOD LUCK CHINA」で第9回さがみはら写真新人奨励賞など多数受賞。主な写真集に「中国好運」「LOOK AT THIS PEOPLE」「Eye of the Vortex/渦の眼」など。

©Kenichi Komatsu

小松健一
1953年岡山県生まれ、群馬県に育つ。
現代写真研究所研究科卒業。新聞記者などを経てフリーの写真家に。世界の厳しい風土の中で自然と共生する民族をライフワークに地球巡礼をしている。また、日本の近現代の文学、作家の原風景を切り口にして日本の暮らしと風土や、沖縄、環境問題など社会的なテーマを追い続ける。個展はネパール国立アートギャラリー、中国・成都市二酉山房美術館をはじめ、国内外を含めて多数開催。著書は「ヒマラヤ古寺巡礼」をはじめ50冊を超える。

©Osamu Sato

佐藤 理
1964年 東京写真短期大学(印刷科)卒業
1964年 光村原色版印刷所入社
1968年 第19回全国カレンダー展 文部大臣賞受賞 (株)全音楽譜出版社カレンダー写真で参加
2005 年 日本写真家協会主催「日本の子供60年」展に出展「山人」より(東京都写真美術館)
2006年から2015年まで毎年参加 日本写真家ユニオン“オリジナルプリント”展(ギャラリー新居東京店)
2009年 「ギリシアの白」 個展 (ギャラリーコスモス)
2010年 monochrome IIから2019年 Ⅹ VIII 毎回出品 (ギャラリーE&M 西麻布)
2011年 写真展「山 人 The Mountain People 」(禅フォトギャラリー六本木)
2011年 写真展「山人」 (ギャラリーE&M 西麻布)
2012年 中国の写真雑誌「撮影世界」日中友好40周記念日本特集4月号に6ページ「山人」より8点掲載
2013年 写真展「山村の生活 -昭和40年代の上野村-」(上野村森のギヤラリ–)
2015年 写真展「木雪霧水」(ギャラリーE&M西麻布)
2018年 写真展「ギリシャの白」(ギャラリーE&M西麻布)
モノクロームプリントの表現が好きで、作品は8X10インチカメラで撮影しております。
公益社団法人 日本写真家協会会員

©Chieko Shiraishi

白石ちえこ
神奈川県横須賀市生まれ
〇個展
1998年
「とおいまち」ガリレオQ / 東京都新宿
2003年
「サボテンとしっぽ」巷房 / 東京都銀座
2005年
「ロバのいた町」Roonee247photography / 東京都四谷
「つるのひとこえ」鐵の家ギャラリー / 千葉県市川
2006年
「アマリリス通り」ギャラリー冬青 / 東京都中野
2007年
「猫目散歩」ギャラリー街道 / 東京都阿佐ヶ谷
2008年
「サボテンとしっぽ」ギャラリー冬青 / 東京都中野
2010年
「ねこと海」喫茶 谷中ポッサ / 東京都谷中
2011年
「海に沈んだ町」蒼穹舎 / 東京都新宿
2012年
「ペンギン島の日々」ART SPACE 繭 / 東京都京橋
2013年
「ペンギン島の夏」喫茶 谷中ポッサ / 東京都谷中
2014年
「ホエールウォッチング」Gallery&Café Hasu no hana / 東京都鵜の木
2019年
「島影」ギャラリー冬青 / 東京都中野
〇写真集
2008年 写真集「サボテンとしっぽ」冬青社
2015年 写真集「島影」蒼穹舎

入場料金

利用料: 一回入場・・・510円(税込)   年間パスポート・・・3,600円(税込)
ペンタックスリコーファミリークラブ会員の方・・・無料

※ただし初回入場時にA.W.P入場カード(1年間有効)発行手数料として324円(税込)を申し受けます。

リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリー A.W.P

場所:東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8F
開館: 11:00~19:00(最終日16:00まで)※入館は閉館時間30分前まで
定休日:火曜日

ペンタックスリコーファミリークラブについて

写真文化の高揚を目的とし、各種スクール、ワークショップの受講割引をはじめ、さまざまな会員特典や楽しいイベント等で、お客様のフォトライフをバックアップする会員制のメーカーフォトクラブです。会員特典、入会方法については下記HPをご参照ください。なお、Webでのお申し込みやお振込のほか、リコーイメージングスクエアの各窓口でもお申し込みいただけます。どうぞお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

ペンタックスリコーファミリークラブ

ページトップへ