• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

© Hiroshi Osaka

大坂 寛 写真展「美への軌跡」

作 家:大坂 寛(おおさか ひろし)

2017年5月17日(水)~6月18日(日)

11:00~19:00(最終日16:00まで)※入館は閉館時間30分前まで

作品販売:展示期間中作品を販売いたします

リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリーA.W.P

作品内容

大坂寛氏は、1984年自作の人形を撮影した「object」でJPS展(日本写真家協会)グランプリ、耽美的なヌードのシリーズ「Syzygy」で1985年に日本写真協会新人賞を受賞するなど高い評価を受け写真界に颯爽と登場しました。多岐に渡るシリーズは風景、静物、ヌードなど。その制作へのこだわりは観る側をいつも驚嘆させます。
今回は氏の飽くことなき「美」への探求の集大成ともいえる作品制作の真髄に迫ります。展示作品はモノクロームのゼラチンシルバープリントと大型のポラロイドネガからのプリントの約30点で構成、販売いたします。

作家プロフィール

大坂 寛(おおさか ひろし)
1956年山形県生まれ、日本大学芸術学部写真学科卒業
1978年JPS展(日本写真家協会)奨励賞、APA国際展(日本広告写真家協会)EUROPHOTO賞
1982年JPS展 グランプリ
1984年JPS展 グランプリ
1985年日本写真協会新人賞

そのほか、全国カレンダー展大蔵省印刷局長賞、日本商工会議所会頭賞、日独交換カレンダー展 銅賞、コダック賞など多数受賞。
代表作の分身をテーマにしたヌードシリーズ(Syzygy)(Venus、Vegetal)のほか、浮世絵や蒔絵に見られる平面的遠近法表現で、花を通して自己の内面や生命観を投影した(botanic heart)など多数のシリーズで個展を国内外で開催する。

作品は東京都写真美術館、京都国立近代美術館、日本大学芸術学部写真学科、日本ポラロイド社、美術館プチミュゼ、ポラロイド・インターナショナル(USA)ヒューストン美術館(USA)、グラハム・ナッシュ・コレクション(USA)などに永久保存されている。

入場料金

利用料: 一回入場・・・510円(税込)   年間パスポート・・・3,600円(税込)
ペンタックスリコーファミリークラブ会員の方・・・無料

※ただし初回入場時にA.W.P入場カード(1年間有効)発行手数料として324円(税込)を申し受けます。

リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリー A.W.P

場所:東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8F
開館: 11:00~19:00(最終日16:00まで)※入館は閉館時間30分前まで
定休日:火曜日

ペンタックスリコーファミリークラブについて

写真文化の高揚を目的とし、各種スクール、ワークショップの受講割引をはじめ、さまざまな会員特典や楽しいイベント等で、お客様のフォトライフをバックアップする会員制のメーカーフォトクラブです。会員特典、入会方法については下記HPをご参照ください。なお、Webでのお申し込みやお振込のほか、リコーイメージングスクエアの各窓口でもお申し込みいただけます。どうぞお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

ペンタックスリコーファミリークラブ

ページトップへ