• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • フォトアカデミー
  • コミュニティ
  • サポート

「セカイヲミツメル」原久路 & 林ナツミ

原久路と林ナツミによる写真家ユニットが、移住先の九州で知己となった少女たちを6年間にわたって撮り続けてきたシリーズ。猫の眼のように変化する少女たちのメタモルフォーセスを、スナップショットとステージド・フォトグラフィの手法を織り交ぜて活写する。アーカイバル・ピグメント・プリント約40点を展示。
展示期間中、オリジナルプリントを販売いたします。


プリント制作:アトリエマツダイラ

作者 原久路 & 林ナツミ
作品名 「セカイヲミツメル」
会期 2022年1月6日(木)~2月7日(月) 
※2月6日(日)ビル点検日のため臨時休館
時間 10:30~18:00(最終日16:00終了)
定休日 火曜日・水曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア東京 ギャラリーA&R
連絡先 〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)MAP
℡0570‐006371

作品コメント

2014年、東京から九州の別府へ移住しました。無縁の地でわたしたちを力づけてくれたのは、そこで暮らす少女たちでした。小ぢんまりとした商店街を溜まり場にしていた少女たちは、通りすがりの異邦人をためらわず遊びの輪に引き入れました。そのとき、少女たちのまなざしが――芝居がかった華やぎから、物憂い真面目さへと一瞬ごとに移ろうきらめきが――すばらしい被写体となりうることに気づかされたのです。
それから7年、4歳だった少女は小学5年生に、10歳だった少女は高校2年生になりました。そのまなざしは一貫して瑞々しくありつづけています。少女とは何か――。永遠の問いの答えは、彼女たちの瞳の奥に秘められているにちがいありません。
原久路 & 林ナツミ

作者プロフィール

原久路 & 林ナツミ(Hisaji Hara & Natsumi Hayashi)
原久路(1964年 東京都生まれ)と林ナツミ(1982年 埼玉県生まれ)による写真家ユニット。2013年結成。ユニットとして共同制作を開始する以前は個々に写真シリーズを制作。原久路「バルテュス絵画の考察」(2009) https://hisajihara.com 、林ナツミ『本日の浮遊』(2011~継続中) https://yowayowacamera.comなどがある。
2011年の福島第一原発事故を経て、2014年に東京から大分県別府市に活動の拠点を移す。「世界を見つめる」は2015年にスタート。

原久路 (Hisaji Hara)

1964年
東京都生まれ
1986年
武蔵野美術大学 造形学部卒業
1993年
渡米。ニューヨークの映像制作プロダクションにて撮影監督・アートディレクション、NHKニューヨーク総局にてヒラリー・クリントン専属カメラマン、ダライ・ラマ14世ドキュメンタリーなど撮影
2001年
帰国後、独立
2009年
バルテュスの絵画作品を写真で再現した作品シリーズ「バルテュス絵画の考察」を発表
2013年
林ナツミと写真家ユニットを結成
2014年
東京から大分県別府市へ移住

林ナツミ (Natsumi Hayashi)

1982年
埼玉県生まれ
2005年
立教大学 文学部卒業
2007年
立教大学大学院 コミュニティ福祉学研究科博士課程前期課程修了
2011年
ウェブサイト「よわよわカメラウーマン日記」にてセルフポートレート日記プロジェクト『本日の浮遊』をスタート、現在も更新を続ける
2013年
原久路と写真家ユニットを結成
2014年
東京から大分県別府市へ移住

写真展

[個展]

2016年
〈世界を見つめる〉 ニコン フォト・プロムナード(東京)
2017年
〈世界を見つめる〉 ニコン フォト・プロムナード(名古屋)
〈世界を見つめる〉 ニコン フォト・プロムナード(大阪)
2018年
「平井家の入れ子の記憶」(写真インスタレーション) 平井家(大分県別府市)
2022年
「セカイヲミツメル」 リコーイメージングスクエア東京(東京)

[グループ展]

2015年
「Scripts of The Bodies: From the Collection of Three Shadows Photography Art Centre」
三影堂厦門撮影芸術中心 (中国・厦門)
2019年
「美少女の美術史」展 北師美術館(台湾・台北)
「Michael Kenna + Hisaji Hara + Natsumi Hayashi」 ギャラリー・アルブレヒト(ドイツ・ベルリン)
2020年
「あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17」 東京都写真美術館(東京)

ページトップへ