• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
セミガイカ(凱歌)
セミ判 スプリングカメラ

 ブローニー半裁判、通称セミ判はこの頃のカメラの画面サイズの主流であった。機種もドイツツアイスのセミイコンタをまねした物が多数存在した。セミイコンタの普及機であるセミネッターをコピーしたのがこのセミガイカである。
シャッターはドイツ製「バリオ」を採用し、次のガイカIIでは同じようにドイツ製シャッターのプロンターを搭載したため、このカメラは限りなくセミネッターに類似していった。(OEM購入機)
発売年月
1940年
フィルムシステム ブローニー 120フィルム使用 赤窓式巻き上げ
画面サイズ 57X45mm  ブローニー半裁判
レンズ ガイカアナスチグマット 75mm F4.5 3群3枚構成
フォーカス 前玉回転 目測フォーカス
シャッター バリオ:2枚羽根  T・B・25・50・100・175 
II型では プロンター:3枚羽根 T・B・1-200
特徴 小型軽量でつかいやすいバランスのボディ
大きさ 巾 85mm 高さ 115mm 奥行き 99mm
質量 約600g
価格 88円 ケース6円50銭 *プロンターシャッターつきの価格
見分けかた 蛇腹式で斜め1本のトラス

ページトップへ