• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
セミオリンピック ・
ニューオリンピックII型

ブローニー・セミ判カメラ

 ブローニー判のフィルムも使われるようになったため、時代に合わせて同フィルム使用のカメラを発売した。
それまでのオリンピックカメラは旭物産が発売元だったが、このセミオリンピックから「理研光学」の名称が表面に現れている。
オリンピックD型をそのまま大きくした形、ボディの構成も同じであり、大変間の抜けたデザインになってしまった。
発売年月
1937年
フィルムシステム ブローニー120フィルム使用 赤窓によるフィルム巻き上げ
画面サイズ 45×60mm (公称 実画面は43×55mm)
レンズ ウーカスアナスチグマット 75mm F4.5 3群3枚構成
フォーカス 前玉回転フォーカス
シャッター 2枚羽根  T ・B ・25 ・50 ・100 ・150
特徴 蛇腹カメラが多かったブローニーフィルムカメラの中で、リジッドな鏡胴で異彩を放つ。
大きさ 巾 126.0mm 高さ 104.0mm 奥行き 88.0mm
質量 497g
価格 43円
見分けかた ボディに対してシャッターが小さく、アンバランス。

ページトップへ