• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコーフレックス B
二眼レフ

 日本の二眼レフは多少の改変はしているものの、ローライのコピーであった。その中で理研光学の二眼レフは板金のボディを採用したユニークな物であった。
基本はドイツの二眼レフ「レフィレクタ」「トランプフレックス」であり、ボディの構造はそのままコピーされている。
戦後のリコーフレックスはこの戦前のB型のボディの設計をアレンジしたものであり、B型が無ければ今日のリコーも無かったと言える記念的存在のカメラである。
発売年月
1942年
フィルムシステム ブローニー120フィルム使用 赤窓によるフィルム巻き上げ
画面サイズ 公称 60×60mm 実画面は55×55mm  シックス判
レンズ ウーカスアナスチグマット 75mm F4.5 3群3枚構成
(後期 コーアアナスチグマット  75mm F4.5 3群3枚構成)
ファインダーレンズ:ビューウーカス 75mm F3.5
フォーカス 上下レンズ連結でヘリコイド繰り出しフォーカス
シャッター 3枚羽根 ハイル T ・B ・5 ・10 ・25 ・50 ・100 ・200 
エバーセット (後期にセットタイプ)
特徴 小型軽量 ピンぼけのない二眼レフ
大きさ 巾 95mm 高さ 140mm 奥行き 97mm
質量 約800g
価格 160円 (公定価格)
見分けかた 板金の角張ったボディ。平均的二眼レフより小型

ページトップへ