• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー XR 1000 S
35mmフォーカルプレンシャッター一眼レフ
  リコーXR500(サンキュッパ)は非常な好評を得たので、同じ考え方で電子シャッターAE一眼レフである XR-2を精度を保ったまま機能を減らし、徹底的にコストダウンをはかったもの。
  XR-2と対比して絞りプレビューボタンがないほかは実質的な違いは無いカメラになっている。しかし市場の評価は XR-2XR-500(サンキュッパ)に集中し、日本国内では存在の薄いカメラになった。 一方海外市場では評価は良く、長寿命機になった。
発売年月
1980年 2月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
マウント Kマウント
レンズ 50mm F2
シャッター コパルスクエア オート時 8 - 1/1000 マニュアル時 B ・ 4 - 1/1000 電子制御 セルフタイマーつき
ファインダー
ペンタプリズム一眼レフ
露出制御 TTL 自動絞り、ファインダー内メーター表示
電源 SR44またはLR44 2個使用
特徴 多くの交換レンズが装着できるレンズマウント、1/125秒の高速フラッシュシンクロ
大きさ 巾 140mm 高さ 91mm 奥行き 50mm
質量 545g ボディのみ
価格 F2 レンズつき 46,300円 ボディのみ 37,300円 ケース 2,500円
見分けかた XR-2と対比して、レンズマウント左肩のプレビューボタンが無い

ページトップへ