• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
オリンピック フォア
4×4 ベスト判カメラ

 オリンピックカメラはベスト(127)フィルム使用からはじまった。
画面サイズは通称「ベスト半裁判 3×4cm」だった。 その後より画面の大きい4×4cm判が発生した。ベスト半裁判と4×4cm判は、カメラの構造上わずかな相違であったので、オリンピックA/B/Cをアレンジして4×4cm判カメラを発売できた。ファインダーを変更した以外どこも変わっていない。
当時ベストフィルムリーダーペーパーには4×4cm用の番号数字は印刷されていなかったので、3個の赤窓の組合せで使用する複雑な巻き取りであった。
発売年月
1938年
フィルムシステム ベスト 127フィルム使用
画面サイズ 40×40mm
レンズ ウーカスアナスチグマット (後にハイルアナスチグマット)50mm F4.5 3群3枚構成
フォーカス 前玉回転フォーカス
シャッター 2枚羽根  T ・B ・25 ・50 ・100 ・150
特徴 カメラらしいバランスの良い形
大きさ 巾 104mm 高さ 78mm 奥行き 59mm
質量 388g
価格 1型 32円鏡胴基部飾りなし  2型 33円 鏡胴基部に文字彫刻リング
見分けかた ファインダー対物レンズが正方形。

ページトップへ