• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980

~1945年 1946~1960年 1961~1980年 1981年~
リコー オートハーフ SL
35mmレンズシャッター
 発足以来10年、大口径レンズを装着するにはどういう方法があるかに挑戦したカメラ。 シャッターの口径が小さいため、レンズ構成の前玉(レンズ)を大きくし、後玉を小さくしてシャッターの口径不足を補った上、最前部の凸レンズを前後させてフォーカスする前玉回転になっている。大口径レンズで前玉回転フォーカスは前例のないシステムである。 ハーフサイズカメラとは言いながら少し大きいカメラになっている。
発売年月
1970年4月
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×17mm
レンズ リコー   35mm F1.7 4群6枚構成
フォーカス ヘリコイド全体繰り出し 目測
シャッター セイコーシャ BS 11GA-2  1/30 - 1/250 プログラム
露出計
CdSメーター、針押さえ式AE
特徴 ハーフサイズカメラとして初めてのF1.7レンズつき
大きさ 巾 94.5mm 高さ67mm 奥行き 61mm
質量 395g
価格 17,800円 ケース・ストラップつき  黒仕上げは 18,800円
見分けかた カメラ上部にアクセサリーシュー

ページトップへ