フォーカス駆動について

オートフォーカス機能を持ったカメラと組み合わせた場合にオートフォーカスが作動します。

SDM
= レンズ内超音波モーターによるオートフォーカス
DC
= レンズ内DCモーターによるオートフォーカス
PLM
= レンズ内パルスモーター(ステッピングモーター)による
オートフォーカス
ボディAF
= カメラボディ内モーターによるオートフォーカス

※ボディAFレンズは、オートフォーカス機能を持ったカメラと組み合わせた場合にオートフォーカスが作動します。オートフォーカス機能を持たないカメラと組み合わせた場合は、マニュアルフォーカスで使用します。

※SDM・DC・PLMレンズ駆動でのAF対応機種: KP/K-70/K-1/K-3 II/K-3/K-S2/K-S1/K-50/K-30/K-5 II/K-5 IIs/K-5/K-01/K-7/K-r/K-x/K-m/K20D/K200D/K10D FW Ver.1.30/K100D Super

フォーカス制御システム

パワーフォーカス
= 距離リングの回転量を検出し、電気的な信号によりレンズ鏡筒内のモーターを駆動します。
バックラッシュが少ないため高精度なマニュアルフォーカス操作が行えます。電源がOFFの状態では、フォーカスは動きません。