Ad camera amabilis esto.


写真提供:(株)ミロク・(株)ミロクテクノウッド

MIROKU TECHNO WOOD CO.,LTD
120年の歴史を持つ猟銃メーカー ミロク。
ミロクテクノウッドはミロクが培った木材加工技術を生かし
高級車の木製ハンドルの製造を手掛けている。


写真提供:(株)ミロク・(株)ミロクテクノウッド

Custom Wood Grip
世界三大銘木のひとつと称される“ウォールナット”。中でも北米五大湖周辺を産地とするものは高品質とされている。そのウォールナットを削り出し、職人による手仕上げで9層にも及ぶコーティングを施し、奥深い煌めきを醸し出す。
グリップのカラーは二色展開。Red SPは手吹きによる美しいグラデーションが華麗な表情を与える。Sumi Blackは創業文化2年(1805年)の墨造りにおける奈良の老舗、(株) 墨運堂の高級墨にて染色、単なる黒色を超え黒銀色に発色する。別売アクセサリーのグリップLよりも全体的に厚みを持たせ、シャッターボタンを軸としたホールディングに適した形状とした。

※Black & GoldにはRed SPのグリップ、Dark Night NavyにはSumi Blackのグリップが装着されています。
※天然木素材を使用し、一点一点手仕上げのため、木目や色合いに個体差があります。


写真提供:シチズン時計(株)

CITIZEN WATCH CO.,LTD
1918年創業、グローバルに展開しているウォッチブランド。
美しい時計を美しいまま。できるかぎり長く使ってほしい。
その思いから生まれたのが、表面加工技術の「デュラテクト」である。


写真提供:シチズン時計(株)

デュラテクト DLCコーティングマウント
シチズンのデュラテクトDLCは、精悍なダークグレー色をベースに、細部の発色に至るまで上品で艶やかな輝きを実現している。PENTAX一眼レフの象徴といえるKマウントにコーティングを施し、かつてない端正さと優美さを身に纏う。

※DURATECT(デュラテクト)はシチズン時計㈱の登録商標です。

Photographer / Kazutoshi Yoshimura 吉村和敏
東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っている。自ら決めたテーマを長い年月、丹念に取材し、作品集として発表する。絵心ある構図で光や影や風を繊細に捉えた叙情的な風景作品、地元の人の息づかいや感情が伝わってくるような人物写真は人気が高い。


受賞歴:2003年カナダメディア賞大賞。2007年 日本写真協会新人賞。2015年 東川賞特別作家賞。
写真集:『プリンス・エドワード島』、『「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』(講談社)、『BLUE MOMENT』『MAGIC HOUR』(小学館)、『光ふる郷』(幻冬舎)、『あさ/朝』(アリス館)、『Moments on Earth』(日本カメラ社)、『Sense of Japan』(ノストロ・ボスコ)、『RIVER』(信濃毎日新聞社)、『雪の色』『錦鯉』(丸善出版)、『Du CANADA』(日経ナショナル ジオグラフィック社)など。

PH-mode Yoshimura(フォトグラファーセッティング)

モードダイヤルU5には、初期設定でPH-mode Yoshimura(写真家 吉村和敏氏
監修による風景撮影モードの設定)を登録。風景撮影に適した、
露出モードAv絞り優先、ブラケット撮影(2枚)、手ぶれ補正機能オフなどを設定。

※カメラを三脚等で固定して撮影してください。
※設定のリセット、ファームウェア アップデートを行っても、 PH-mode Yoshimuraは消去されることはありません。

”作品を生み出すスタイルは、銀塩時代からそれほど変わっていない。
旅の途中、感性を研ぎ澄ませ、ときめきの被写体と出会ったらシャッターを切る。それを延々と繰り返す。
風景は、絞り優先AEが基本だ。F11に設定すると、手前から奥までピンが合う。0.3の露出の違いが、作品の良し悪しを決定づける。そのため、何を撮るときでも露出を変えて2コマ撮影する。
大切なのは、その土地の光や風、色彩を、心と体で感じること。
自身とカメラが一体になったとき、永遠に心に残り続けるワンショットが誕生する。”
 吉村和敏




©吉村和敏

Custom Top Cover
カメラのデザインにおいて大きなウェイトを占めるペンタプリズム部の印象を容易に変えることができるオリジナル・カスタムパーツ。
金属の塊から削り出した特別なホットシューカバーによって、カメラ本体との着脱を可能にしている。面の組み合わせにこだわり、
光の当たり方によって大きく表情を変えるデザインは、
PENTAX K-30、PENTAX MX-1などに携わったTKOによるもの。多くのカメラデザインが存在する中、唯一無二の存在感を放つ。

※トップカバー装着時は以下の制限があります。取り外してご使用ください。

※ウッドグリップ装着時は、バッテリーグリップD-BG7 は使用できません。

※外形寸法と質量は以下の通りPENTAX KPとは異なります。
PENTAX KP J limited外形寸法

PENTAX KP J limited質量

ページトップへ