• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

PENTAX KP

画質はさらに
プレミアムへ。
最高ISO 819200の超高感度と描写力。

HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited
絞り:F4.0、シャッタースピード:1/50秒、露出補正:-0.3EV、感度:ISO1600、ホワイトバランス:CTE、カスタムイメージ:雅(MIYABI)

ISO 819200  PENTAX APS-CサイズDSLR史上、
最高の高感度画質

新CMOSイメージセンサーと画像処理エンジンPRIME IV&アクセラレーターユニットによるノイズ処理により、ISO感度設定の上限を大幅に拡大。最高でISO 819200(標準出力感度)という超高感度撮影を可能としました。高ISO感度でも解像感、階調性を重視することで、優れた質感・立体感の描写を実現。低感度から高感度まで、全域で高画質が得られます。

PRIME IV&アクセラレーターユニット

高速処理能力を誇る画像処理エンジンPRIME IVとアクセラレーターユニットを搭載することで、高度なノイズ処理を実現。高速で快適な動作と超高感度・高画質を両立しました。

PRIME IV

アクセラレーターユニット

有効約2432万画素・
ローパスフィルターレス  APS-Cサイズ・新CMOSセンサーが生む
高画質

有効約2432万画素の高精細画像を生む、APS-Cサイズ新イメージセンサーを搭載。その解像力を余すことなく引き出す、光学ローパスフィルターレス設計を採用しました。鮮鋭かつ緻密な描写が可能で、立体感の表現にも優れています。また、画像情報を14bitの高速読み出しで処理することにより、階調豊かな美しい画像が得られます。

リアル・レゾリューション・システム
画素数の真の解像力とリアルな色再現を引き出す先進技術

ボディ内手ぶれ補正機構SR IIを応用し、イメージセンサーを1画素ピッチで動かしながら4枚を連続撮影。1画素ごとにRGB各色の情報を得て合成処理を行うことにより、通常撮影では表現できない超高精細な画像を生成できます。また、より忠実な色再現性が得られるほか偽色がなく、ノイズの低減にも有効です。さらに動体補正モードON時は、撮影中に動いた領域を検出し、その影響を低減することが可能です。

※撮影時は三脚などでしっかり固定してください。
※ドライブモードのセルフタイマー/ミラーアップ撮影を利用して撮影してください。
※被写体が動いたりカメラぶれが起きたりすると、十分な効果が得られない場合があります。
※[動体補正]は被写体の動きによっては補正できない場合があります。また、効果を保証するものではありません。オフにすることも可能です。

リアル・レゾリューション:オフ

リアル・レゾリューション:オン

ローパスセレクター
偽色・モアレを低減できる独自機能

手ぶれ補正機構SR IIを利用し、露光中にイメージセンサーを微小駆動させることで、光学ローパスフィルターと同様に偽色やモアレを低減する独自機能です。ローパスフィルターの安心感とローパスフィルターレスの解像力を、被写体に応じて選べます。

※一部の撮影モードでは使用できません。また、一部の機能とは組み合わせができません。
※シャッター速度が1/1000秒より低速の場合に、十分な効果が得られます。

[ ダイレクトな設定変更 ]

スマートファンクションの機能ダイヤルにローパスセレクターをデフォルトで登録しています。設定ダイヤルを回すだけですばやくタイプ設定が可能です。

[ 設定可能なタイプ ]

●Type1:解像とモアレ低減のバランスをとって撮影
●Type2:モアレ低減優先
●ブラケット撮影(2枚):オフ/Type2の順に2枚を連続撮影
●ブラケット撮影(3枚):オフ/Type1/Type2の順に3枚を連続撮影

■ 光学ローパスフィルターの原理

  • カラーフィルター
  • ローパスフィルター

■ ローパスセレクターの原理

サブピクセル精度で微小駆動

ファインシャープネス/エクストラシャープネス
解像感を最大に高める細密な輪郭強調処理

鑑賞サイズによってはシャープネス処理による輪郭が太く見え、かえって画像の解像感が損なわれることがあります。そのため、通常のシャープネスに加え、より細密な輪郭処理を行う2種のシャープネスを搭載。ファインシャープネスは、通常のシャープネスより細いラインで、細部まで自然に処理します。エクストラシャープネスは、細密でありながら輪郭をくっきりと強調し、質感の高い描写が可能です。

レンズ補正
歪曲や色収差、周辺光量低下、回折ボケも低減

レンズ特性によって生じる歪曲収差、周辺光量の低下、倍率色収差をカメラ内で補正が可能です。さらに、絞り込みによる回折現象が原因となって生じる解像力の低下も、撮影時に補正が可能です。レンズデータに基づき、絞り値換算で最大約2段※の補正効果を実現。風景撮影などで被写界深度を得たいときも、回折ボケを気にすることなく大胆に絞り込めます。

※当社測定基準による。
※D FA/DA/DA Lレンズ、FAレンズ(一部非対応)装着時に有効です。

ページトップへ