• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

製品情報 products

カタログ() 交換レンズ/広角レンズ[35mmSLR用]

※各写真をクリックすると、拡大写真が見れます。

FA31mmF1.8AL Limitedシルバーブラック

希望小売価格:シルバー 153,000円(税別)・ブラック 156,000円(税別)(ケース、フード付)
専用ケース:4,500円(税別)付属・フード組込み

FA31mmF1.8AL Limited

広角の表現に新しい可能性を拓く31mmの焦点距離。

F1.8の大口径でガラスモールド非球面レンズや高屈折率低分散レンズを贅沢に採用。ナチュラルなパースペクティブ、コントラストが高く切れ味のよい結像性能、フローティングシステムによる全撮影距離の端整な描写性など、すべてに高品位を求めました。また、円偏光フィルターの操作が容易な花型フードを一体化しています。

レンズ構成図

■特長

仕様

画角[度] 70
構成枚数[群*枚] 7・9
最小絞り[F] 22
最短撮影距離[m] 0.3
フィルター径[mm] 58
最大径×長さ[mm] 65×68.5
質量 (重さ)[g] 345
A1.4X-SA2X-S
焦点距離31mm
広角レンズの定番といわれる35mmと28mmのほぼ中間である31mmの焦点距離を採用しています。作画方法によって各焦点距離の良さも引き出すことが可能なユニークな画角です。
高い像性能と豊かな表現力
一般的な広角レンズの描写特性であるシャープな結像、遠近感の強調、深い被写界深度などを高いレベルで実現するだけでなく、豊かな階調、暗部のディテール再現、自然で柔らかなボケ味といった”描写の味”も加味いたしました。近距離から遠距離まで連続する画像も、シャープかつ滑らかに描写が可能です。
フローティングシステム
撮影距離に連動して一部のレンズ系の間隔を変化させ、すべての撮影距離で諸収差を良好に補正する“フローティングシステム”を採用しています。大口径広角レンズでの近接撮影時に発生しやすい像面湾曲の補正に効果的です。
その他
1. 「Limitedシリーズ」共通の、高級感・精密感あるアルミ削り出し外観
2. フィルター装着が可能な、レンズ前枠一体式の変形花形フード
3. カメラボディへの装着性を高める、七宝焼き素材の「フィンガーポイント」

※ペンタックスデジタル一眼レフに装着した場合、焦点距離が35ミリ判換算で47.5mm相当の画角となります。

FA35mmF2AL

希望小売価格:52,000円(税別)(ケース、フード付)
ケースS80-80:2,500円(税別)・フードPH-RBA49: 4,000円(税別)付属

FA35mmF2AL

全撮影距離、全画面で、シャープでコントラストの高い画像を実現しました。

FA35mmF2AL ハイブリッド非球面レンズ、ゴーストレスコートを採用した光学系、大型の花型フードなどにより、大口径広角レンズで問題となる画面周辺部のコマ収差やフレアーを除去。豊かな階調と深みある色再現性も魅力。付属のフードには円偏光フィルターが操作しやすい窓を設けました。

レンズ構成図

■特長

仕様

画角[度] 63
構成枚数[群*枚] 5・6
最小絞り[F] 22
最短撮影距離[m] 0.3
フィルター径[mm] 49
最大径×長さ[mm] 64×44.5
質量 (重さ)[g] 195
A1.4X-SA2X-S
シャープでクリアな画質
35ミリAF一眼レフカメラ用35mmF2レンズ初の非球面レンズ採用で、諸収差が良好に補正され最短から無限遠までコントラストの高いシャープな画質と、絞り開放状態でも周辺まで高い解像力を発揮する高性能レンズです。さらに、ゴーストレスコートを施すことで画面内の逆光時でもゴースト・フレアの少ないクリアな映像を実現します。また、30cmまでの近接撮影を可能にしています。
フード装着状態でPLフィルターを操作
画質に有害な入射光を効果的にカットする大型花形フードを採用、しかも"PLフィルター操作窓"を備えているので、フードを装着した状態でPLフィルターが操作できます。
小型・軽量
質量(重量)が195gと35mmF2では最も軽くコンパクトです。

※ペンタックスデジタル一眼レフに装着した場合、焦点距離が35ミリ判換算で53.5mm相当の画角となります。


= リアコンバーターA1.4×-Sが取付可能。
= リアコンバーターA2×-Sが取付可能。
A1.4X-L = リアコンバーターA1.4×-Lが取付可能。
A2X-L = リアコンバーターA2×-Lが取付可能。

AF = オートフォーカス
オートフォーカス機能を持ったカメラと組み合わせた場合にオートフォーカスが作動します。
※標準ズームで、レンズ距離目盛りにマークが付いている範囲では、広角側での撮影時に画面の四すみが暗くなることがあります。
※ ペンタックスデジタル一眼レフで使用可能なレンズは、原則として絞りA(オート)ポジションのあるレンズとFAJレンズです。 Aポジションのないレンズは、カスタムファンクションの設定変更により使用可能となりますが、使用できる機能には制限があります。

ページの上に戻る

ページトップへ