• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

製品情報 products

デジタル一眼レフカメラ/K-7カタログ(9.5MB)

K-7

すべては、写真家の感性を作品へと昇華させるために。

ISO100-6400。
意思に従うオート感度設定。

設定可能感度は、ISO100-3200(カスタム設定時、最高ISO6400)。
感度AUTO(自動調整)モードを備えます。
このモードでは、撮影テーマや撮影スタイルに応じて自動調整範囲の上下限、さらに感度アップの積極性まで設定が可能。
カメラまかせによる速写性を確保しつつ、写真家の意思にも応える、PENTAXならではの仕様です。

※自動調整範囲の初期設定はISO100-800です。

ISO100-6400。 意思に従うオート感度設定。

拡大する表現世界、
1/8000秒高速シャッター。

逆光や斜光にも関わらず、大口径レンズを絞り開放で使いたいとき。高速で動く被写体の「瞬間」を切り取りたいとき。K-7は、最速1/8000秒のシャッター速度を設定できます。これにより表現できる世界が拡大しました。

光と影の自在な表現。
伝統のハイパー操作系。

フィルムカメラの時代から写真家を魅了してきた、PENTAX独自のハイパープログラムとハイパーマニュアルを搭載。背景のボケ方と被写体の動感、好みの「適正」露出を、前後電子ダイヤルの操作だけでフレキシブルにコントロールできます。
なお、K-7でモードダイヤルにロック機構を装備、露出モードが意図せず切り替わる不安を解消しています。

光と影の自在な表現。 伝統のハイパー操作系。

ファインシャープネス
目を奪う精細表現。
ファインシャープネス。

写真家から高く評価されるファインシャープネス。
一般的なシャープネス処理にありがちな輪郭のつぶれや太りがなく、滑らかな輪郭線のつながりと心地よいキレ味が得られます。
細部までカリッと鮮鋭で、作品のリアリティや微妙な質感が向上。
大判プリントやトリミングにも有利です。

※ファインシャープネスは、撮影時にカスタムイメージ設定画面で行います。
RAW撮影の場合は、ボディ内RAW現像の際に設定可能です。
PENTAX Digital Camera Utility4では現像時に設定できません。

厳密な構図と水平出しの効率化。
構図微調整機能と自動水平補正機能。

K-7を三脚に固定したまま、カメラ側で構図の微調整が可能です。
これは、高精度に位置制御できるSRユニットだから実現できた機能で、ライブビューで確認しながら構図や水平出しの「詰め」のプロセスをスピーディに済ませられます。
また、この機能を展開し自動水平補正機能も搭載。手持ち撮影時、カメラの傾きを撮像素子が相殺し水平に近づけます。

※レンズによって若干のケラレが生じる場合があります。
※自動水平補正の初期設定はオフ。機能設定時の最大補正可能角は、SRオフで±2度、SRオンで±1度です。

構図微調整機能と自動水平補正機能

撮影機能をすばやく設定。
コントロールパネル。

液晶モニターを見るだけで、各種の撮影設定状態が確認できるステータススクリーンを採用。
さらにワンプッシュでコントロールパネルに切り替え、撮影機能の設定を直接変更することも可能です。
機能ごとに専用ボタンやメニュー機能を操作する必要がなくなり、統一されたユーザーインターフェースでスムーズかつ直感的な設定を実現しています。
3.0型の見やすい液晶モニターと相まって、操作は快適です。

コントロールパネル

PCレスで楽しめる、
本格的なHDR*作品。

同じシーンを複数の露出で撮影・合成することにより、視覚を超えた広ダイナミックレンジの写真を生み出すHDR。
従来はPCと専用ソフトを使って行っていたHDRを、K-7はPCレスで合成できます。自動で標準/アンダー/オーバーの3コマを連続撮影し、カメラ内で1枚に合成、保存します。

*HDR=High Dynamic Range
※正確な合成のために、三脚を使用してください。
※合成の効果は「標準/誇張」から選択可能です。
※記録形式はJPEGです。RAW設定時はHDR撮影を選択できません。

PCレスで楽しめる、 本格的なHDR作品。

ページの上に戻る