• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

製品情報 products

デジタル一眼レフカメラ/*ist DL2 カタログ(2.2MB)
*ist DL2
特長 仕様 外観 アクセサリー 作例 FAQ
ペンタックスデジタルカメラ *ist DL2 の「よくある質問」とその「回答」をご紹介いたします。

よくある質問 TOP5
使用できるレンズについて教えて下さい。
使用可能な電池は何ですか? オキシライド電池、CR-V3タイプ充電池(RCR-V3)は使えますか?
撮影可能枚数、再生時間はどれくらいですか?
デジタルプレビューと光学プレビューの違いは?
動作確認済みのSDメモリーカードはなにがありますか?

一般的な機能・仕様
*ist DLと比較して主に変わった部分は何ですか?
デジタルプレビューと光学プレビューの違いは?
起動時間はどのくらいですか?
ファインダー倍率と視野率は?
接眼部から目を離しても全視界が確認できる距離(ファインダーアイレリーフ)はどのくらいですか?
液晶モニターの大きさ、画素数はどのくらいですか?また、明るさは変えられますか?
液晶モニターの視野率は?
付属品は何がありますか?
付属品以外に何か必要なものはありますか?
専用ケースは付属していますか?
録音はできますか?
CCDのゴミ対策はされていますか?
防水または防塵構造ですか?
AF補助光はありますか?
設定メニュー(撮影機能)の「画像仕上」が2種類に設定できますが、それぞれの違いを教えて下さい。
JPEG画像の6M( 3008 X 2000 ) と RAWデータ※( 3008 X 2008 ) で記録画素が違うのは何故ですか?
メニューで設定した内容などは、カメラの電池を抜くと消えてしまいますか?
テレビに接続して画像を見られますか?
三脚は取り付けられますか?

記録媒体
記録媒体は何ですか?
動作確認済みのSDメモリーカードはなにがありますか?
MMC(マルチメディアカード)は使えますか?
SDメモリーカードの性能が撮影間隔などに影響しますか?
SDメモリーカードの各容量での撮影可能枚数はそれぞれどの位ですか?
SDメモリーカードを使う上での注意点は何かありますか?

撮影・再生関連
液晶モニターを見ながら撮影することはできますか?
連続撮影について教えてください。
リモコン撮影はできますか?
多重露出はできますか?
液晶モニターのガイド表示機能をオフにできますか?
手ぶれ防止機能は付いていますか?
偏光フィルターは使えますか?
「白飛び警告表示」とはどういうものですか?
ホワイトバランスの任意設定はできますか?
内蔵ストロボのガイドナンバーは?
内蔵ストロボは何ミリのレンズまで対応していますか?
ストロボの光量補正はできますか?
使用レンズにより内蔵ストロボ撮影に制約はありますか?
外付けストロボは使えますか?
大型ストロボ用シンクロソケットはありますか?
ワイヤレスでストロボ撮影できますか?
内蔵ストロボをストロボ発光禁止にするにはモードダイヤルをストロボオフモードにしないといけませんか?
ストロボ制御はプリ発光する方式ですか、またプリ発光回数は?
オートピクチャーモード/ピクチャーモードは、フィルムカメラで採用されているものと同じですか?
ピクチャーモードはなにがありますか?
シーンモードにはどのようなモードがありますか?

バッテリー・電源関連
使用可能な電池は何ですか? オキシライド電池、CR-V3タイプ充電池(RCR-V3)は使えますか?
撮影可能枚数、再生時間はどれくらいですか?
*ist DのバッテリーグリップD-BG1 は使えますか? それとも専用バッテリーグリップがあるのでしょうか?
ACアダプターはありますか?

使用レンズについて
使用できるレンズについて教えて下さい。
絞りリングにAポジションのない[ Kマウント]レンズは使用できますか?
67用交換レンズ、645用交換レンズ、および S(スクリュー)マウント交換レンズは使用できますか?
中判レンズを使用したときとデジタルカメラ専用レンズとでは写る範囲が違うと聞きましたが?どうなりますか?
他社製ペンタックス用交換レンズは使用できますか?

パソコン接続・ソフトウェア関連
USB2.0に対応していますか?
*ist DL2のシステム環境について教えてください。
付属ソフトは*ist D、*ist DS、*ist DLと共通で使用できますか?
*ist D 用のカメラコントロールソフト、PENTAX REMOTE Assistantは使えますか?

その他
PIM III(PRINT Image Matching III)・ExifPrint(Exif2.2)に対応していますか?
PictBridgeに対応していますか?
レフコンバーターA、Mは使えますか?
ステレオアダプターDセットとは何ですか?
デジタルプレビューの操作方法は?

こんなときは
ストロボ撮影時、ストロボが連続で発光してしまうが、故障ですか?
初期設定時に日本語以外を設定してしまいました。設定変更方法を教えてください。






一般的な機能・仕様

*ist DLと比較して主に変わった部分は何ですか?
プレビュー方式がデジタルプレビューと光学プレビューを選択できるようになりました。
測距センサーが3点から5点測距に変更されました。(中央およびその上下左右の計5点を利用し、ワイドな測距エリアをカバーします)
SCN(シーン)モードとして 夜景/サーフ&スノー/テキスト/夕景/キッズ/ペット/キャンドルライト/美術館を追加。
フォルダ名が標準(100PENTX , 101PENTX・・・)/日付(100_0118 , 100_0119・・・)から選択可能になりました。
デジタルフィルタに明るさ調整機能(±8段階に調整可能)が追加されました。
ファインダー内情報表示が約20%大きく表示されるようになりました。
  このページのトップへ


デジタルプレビューと光学プレビューの違いは?
デジタルプレビューでは構図、露出、ピントなどを液晶モニターで確認することができます。
光学プレビューではファインダー内で被写界深度を確認することができます。
  このページのトップへ


起動時間はどのくらいですか?
約0.8秒です。この起動時間は電源スイッチをONしてからカメラ上部の表示パネルに撮影可能コマ数の表示がでるまでの時間です。使用するメモリーカードの種類により異なります。
  このページのトップへ


ファインダー倍率と視野率は?
倍率は0.85倍(50mmF1.4・∞において)、視野率は96%です。
  このページのトップへ


接眼部から目を離しても全視界が確認できる距離(ファインダーアイレリーフ)はどのくらいですか?
約21.5mmです。
  このページのトップへ


液晶モニターの大きさ、画素数はどのくらいですか?また、明るさは変えられますか?
2.5型の低温ポリシリコンTFTカラーLCD(バックライト付)で、画素数は:約21万画素です。明るさは調整機能付です。
  このページのトップへ


液晶モニターの視野率は?
約100%です。
  このページのトップへ


付属品は何がありますか?
・ホットシューカバーFK(※)
・アイカップFN(※)
・MEファインダーキャップ(※)
・ボディマウントカバー
・USBケーブル I-USB17(※)
・AVケーブル I-VC28(※)
・ソフトウェアCD-ROM(S-SW43)
・ストラップ O-ST10(※)
・アルカリ単3電池(4本)
・使用説明書(カメラ使用説明書)
・PENTAX PHOTO Browser2.1, PENTAX PHOTO Laboratory2.1使用説明書
・保証書

(※)の付属品は別売りもしています。

  このページのトップへ


付属品以外に何か必要なものはありますか?
SDメモリーカードが必要です。SDメモリーカードは付属していませんので別途ご用意ください。
  このページのトップへ


専用ケースは付属していますか?
付属していません。
別売りでカメラケースO-CC34があります。写真などはこちらをご覧ください。
  このページのトップへ


録音はできますか?
録音はできません。
  このページのトップへ


CCDのゴミ対策はされていますか?
特別な機構は採用しておりません。
  このページのトップへ


防水または防塵構造ですか?
防水・防塵構造ではありません。
  このページのトップへ


AF補助光はありますか?
内蔵ストロボの連続発光によりAFの補助を行います。ただし、ピクチャーモードの動体モードおよびストロボオフモードでは作動しません。
  このページのトップへ


設定メニュー(撮影機能)の「画像仕上」が2種類に設定できますが、それぞれの違いを教えて下さい。
鮮やか 色彩豊かでシャープでコントラストの強い画像が得られます。
ナチュラル 被写体を自然に描写します。レタッチを行うベースの画像としても最適です。
  このページのトップへ


JPEG画像の6M( 3008 X 2000 ) と RAWデータ※( 3008 X 2008 ) で記録画素が違うのは何故ですか?
画像処理エンジンの仕様の関係で、JPEG画像では記録画素数が3008×2000までに限定されました。しかしRAWデータでは、*ist Dと同じ3008×2008の記録が可能だったのでそれを採用したため、若干の違いが出ました。

※RAWデータ
CCDからの生出力を記録した画像データ。RAWデータはカメラ内部で画像処理される前の生のデータなので、RAW以外では撮影前にしておかなければならない設定(ホワイトバランス・コントラスト・彩度・シャープネスなど)を、撮影された後に、1コマ1コマ個別に設定できます。また、RAWデータはJPEGおよびTIFFの8bitデータに対し、16倍の情報量を持つ12bitデータなので、大変豊かな諧調表現が可能です。パソコンに転送し、付属のソフトウェアで現像処理することで、JPEGやTIFFなど異なる画像データを作成することができます。

  このページのトップへ


メニューで設定した内容などは、カメラの電池を抜くと消えてしまいますか?
日時設定以外は、電池を抜いても記憶しています。日時設定も、カメラに電池を12時間以上入れた場合、電池を抜いても48時間以上は記憶しています。
ただし、Fnボタン押しで設定するドライブモードのうち、「セルフタイマー(12秒)」「セルフタイマー(2秒)」「リモコン」「リモコン(3秒後レリーズ)」「オートブラケット」は、カメラの電源を一旦切ると「1コマ撮影に」戻ります。
  このページのトップへ


テレビに接続して画像を見られますか?
見られます。カメラ側面のUSB/ビデオ端子とテレビの外部入力端子を付属のAVケーブルI-VC28で接続してください。なお、ケーブルの接続時は必ずカメラとテレビの電源をオフにしてください。
  このページのトップへ


三脚は取り付けられますか?
カメラ底面の三脚ネジ穴を用いて取り付けられます。
  このページのトップへ


記録媒体


記録媒体は何ですか?
SDメモリーカードです。
  このページのトップへ


動作確認済みのSDメモリーカードにはどのようなものがありますか?

下記メーカーのカードの動作確認をしています。

パナソニック
・SDメモリーカード  容量 :128MB~2GB

東芝
・SDメモリーカード 容量 :128MB~2GB

サンディスク
・SDメモリーカード 容量 :128MB~2GB

※「動作確認」とは弊社が動作の確認を行い、お客様への便宜を図っているもので当社がお客様に保証をするものではありません。
※2GBを超えるSDHCメモリーカードにはファームウェアver.1.01以降で対応します。
ファームウェアのアップデートはこちらからご利用いただけます。


[アップデート後の動作確認SDHCメモリーカード]

パナソニック
・SDHCメモリーカード  容量:4GB~32GB

東芝
・SDHCメモリーカード 容量 :4GB~32GB

サンディスク
・SDHCメモリーカード 容量:4GB~16GB

※2008年8月現在

  このページのトップへ


MMC(マルチメディアカード)は使えますか?
対応しておりません。
  このページのトップへ


SDメモリーカードの性能が撮影間隔などに影響しますか?
転送速度の遅いSDメモリーカードを使用した場合、起動時間、連続撮影コマ数に影響する場合があります。
(2MB/Sのカードでは影響が出る場合があります)
  このページのトップへ


SDメモリーカードの各容量での撮影可能枚数はそれぞれどの位ですか?
撮影条件や被写体によって異なりますが 撮影可能枚数の目安は以下のようになっています。

サイズ 画 質 撮影可能コマ数
2GB 1GB 512MB 256MB 128MB
6M:3008×2008 RAW 約180枚 約90枚 約46枚 約22枚 約11枚
6M:3008×2000 ★★★ 約660枚 約330枚 約167枚 約78枚 約34枚
★★ 約1214枚 約607枚 約311枚 約149枚 約70枚
約1932枚 約966枚 約498枚 約242枚 約117枚
4M:2400×1600 ★★★ 約918枚 約459枚 約234枚 約111枚 約51枚
★★ 約1614枚 約807枚 約415枚 約201枚 約96枚
約2794枚 約1397枚 約674枚 約330枚 約161枚
1.5M:1536×1024 ★★★ 約1760枚 約880枚 約453枚 約220枚 約106枚
★★ 約2794枚 約1397枚 約722枚 約354枚 約173枚
約4302枚 約2151枚 約1115枚 約549枚 約271枚
圧縮比:★★★(S.ファイン)=1/3、 ★★(ファイン)=1/6、 ★(エコノミー)=1/12
  ※撮影可能枚数が500枚を超える場合、撮影画像は500枚毎にフォルダが分かれて保存されます。
  このページのトップへ


SDメモリーカードを使う上での注意点は何かありますか?
下記の点にご注意ください。

未使用または他のカメラやパソコンなど*ist DL2以外の機器で使用したカードは、必ず*ist DL2でフォーマットしてからご使用ください。フォーマット方法は以下のとおりです。

(1) MENUボタンを押す。
(2) 十字キー(右)を2回押して「詳細設定」メニューを表示する。
(3) 十字キー(下)を1回押して「フォーマット」を選ぶ。
(4) 十字キー(右)を1回押して「フォーマット」画面を表示する。
(5) 十字キー(上)を1回押して「フォーマット」を選ぶ。
(6) OKボタンを押すとフォーマットが開始されます。

プロテクトした画像も含めすべてのデータが消去されますのでご注意ください。
データ記録中や画像・音声の再生中、またはUSBケーブルでパソコンと接続中にはカードを取り出したり電源を切ったりしないでください。
曲げたり強い衝撃を与えないでください。また、水にぬらしたり高温の場所に放置したりしないでください。
静電気や電気ノイズの発生しやすい場所での使用や保管は避けてください。
長期間使用しなかったりSDメモリーカードが破損した場合には、保存したデータが読み出せなくなることがあります。必要なデータは定期的にバックアップを取ることをおすすめします。

  このページのトップへ


撮影・再生関連


液晶モニターを見ながら撮影することはできますか?
一眼レフという構造上見ながらの撮影は出来ません。液晶モニターを見ながら撮影するには、コンパクトタイプのデジタルカメラのように光が常に撮像素子に当たっている必要があります。それに対し一眼レフカメラの場合はファインダーに光を導くためにミラーが撮像素子の前に下りています。撮像素子に光が当たるのはシャッターを開いた時のみです。ただし、デジタルプレビュー機能を使って、前もって構図、露出、ピントを確認できます。
  このページのトップへ


連続撮影について教えてください。
JPEG画像を撮影する場合、約2.8コマ/秒 で最大撮影枚数5コマまで連続撮影できます。JPEG ( L・★★★) 時(ノイズリダクションの設定、オン・オフによる違いはありません)
最大連続撮影枚数は使用するSDメモリーカードの転送速度により異なります。また、RAWデータでは3コマまでです。
  このページのトップへ


リモコン撮影はできますか?
できます。別売りの リモートコントロールFがお使いいただけます。
Fnボタンを押して表示される設定画面内で 「3秒後レリーズ」と「即レリーズ」が選択できます。
  このページのトップへ


多重露出はできますか?
できません。
  このページのトップへ


液晶モニターのガイド表示機能をオフにできますか?
できます。MENU押して「詳細設定」から「ガイド表示」のチェックを外すことでオフにできます。
  このページのトップへ


手ぶれ防止機能は付いていますか?
付いていません。
  このページのトップへ


偏光フィルターは使えますか?
円偏光(C-PL / サーキュラPL)タイプのフィルターなら使用可能です。円偏光ではない、通常の偏光フィルターは露出・AFともに影響があるので使用できません。
  このページのトップへ


「白飛び警告表示」とはどういうものですか?
撮影された画像の中の明るい部分で、階調が失われて真っ白になった部分を、クイックビューや再生時に液晶モニターに点滅表示するものです。
  このページのトップへ


ホワイトバランスの任意設定はできますか?
マニュアルホワイトバランスで設定することができます。Fnメニューの「ホワイトバランス」・「マニュアル」で調整することで撮影時の光源に合わせて微妙な色合いをカメラに記憶します。
  このページのトップへ


内蔵ストロボのガイドナンバーは?
ガイドナンバーは 15.6 [ ISO200/m ]です。
  このページのトップへ


内蔵ストロボは何ミリのレンズまで対応していますか?
焦点距離18mmレンズ(35ミリ判換算28mm)の画角をカバーしています。
  このページのトップへ


ストロボの光量補正はできますか?
「撮影」メニューの「ストロボ光量補正」で、内蔵および専用外付けストロボの光量を -2.0 ~ +1.0 の範囲で変えることができます。
  このページのトップへ


使用レンズにより内蔵ストロボ撮影に制約はありますか?
レンズの絞りセットをA位置からはずし、マニュアル設定した場合、A位置の無いレンズ、及び、ソフトレンズを使用した場合、内蔵ストロボは光量制御せずに、常にフル発光になります。
内蔵ストロボをオートストロボとして使用できるのはDA・FA Jレンズおよび A・F・FA・D FAレンズで絞りリングをA位置に設定した場合です。
また、内蔵ストロボは、ご使用のレンズや撮影条件によってケラレを生じることがあります。 事前にテスト撮影をして確認されることをお勧めします。
  このページのトップへ


外付けストロボは使えますか?
ご使用の外付けストロボにより使用できる機能は異なりますので、下表を参考にしてご使用ください。
( ○:使用可能  △:条件付使用可能  ×:使用不可能 )

機能\ストロボ 内蔵ストロボ AF360FGZ AF500FTZ
AF330FTZ
AF400FTZ
AF240FT
AF140C
赤目軽減機能が使用できる ×
ストロボ自動発光ができる
ストロボ充電完了で、ストロボ同調速度に自動的に切り替わる
P(プログラム)モード、Tv(シャッター優先)モードで絞りが自動セットされる
ファインダー内でオートチェックできる × × × ×
P-TTLオートストロボ撮影ができる(連動感度:200~3200) ○*1 ○*1 × ×
TTLオートストロボ撮影ができる × × × ×
低速シンクロ撮影ができる
AF補助光が使用できる
後幕シンクロ撮影ができる *2 △*3 ○*7
光量比制御モードで撮影できる *2 △*4 ×
スレーブ機能が働く × ○*5 ×
マルチストロボが働く × × ○*5 ×
ハイスピードシンクロで撮影ができる × × ×
ワイヤレスで撮影ができる *6 × × ×

*1 DA・D FA ・FAJ・FA・F・Aレンズを使用した場合のみ可能。
*2 シャッター速度は1/90秒に固定。
*3 AF360FGZと組み合わせて後幕シンクロが可能。
*4 AF360FGZと組み合わせたとき、内蔵ストロボ 1/3、外付けストロボ 2/3の光量配分で可能。
*5 AF330FTZは不可
*6 AF360FGZが2台必要。
*7 AF140Cは不可
  このページのトップへ


大型ストロボ用シンクロソケットはありますか?
Xシンクロソケットはありません。カメラのホットシューにホットシューアダプター2P を装着することでXシンクロソケットは増設できますが、大型ストロボの中には端子電圧が極端に高いものもあり、故障の原因になる場合がありますのでお勧めできません。
  このページのトップへ


ワイヤレスでストロボ撮影できますか?
2台のAF360FGZを使用することでカメラとストロボをコードで接続しないでストロボ撮影ができます。
内蔵ストロボではワイヤレスモードは使用できません。
  このページのトップへ


内蔵ストロボをストロボ発光禁止にするにはモードダイヤルをストロボオフモードにしないといけませんか?
Fnボタンを押してストロボモードを手動発光に設定した時には内蔵ストロボを収納することで発光禁止にできます。
  このページのトップへ


ストロボ制御はプリ発光する方式ですか、またプリ発光回数は?
内蔵ストロボをオートストロボとして制御された場合、およびAF360FGZを付けてP-TTLモードにセットした場合は1回プリ発光して(P-TTL)光量制御されます。
また、Aレンズ以前のレンズおよびソフトレンズを使用した場合およびF・FA・D FAレンズで絞りリングをA位置から外した場合は常に本発光のみとなります。
  このページのトップへ


オートピクチャーモード/ピクチャーモードは、フィルムカメラで採用されているものと同じですか?
オートピクチャーモード/ピクチャーモードともにこれまでの露出とAFのみの調整に加え、画像処理の調整なども行っています。
オートピクチャーおよびピクチャーモード時は、画像仕上(画像の基本設定)が「鮮やか」に固定されます。
また、メニュー画面での画像仕上、彩度・シャープネス・コントラスト の設定変更できますが、反映はされません。
  このページのトップへ


ピクチャーモードはなにがありますか?
カメラが最適なシーンを選んで設定するオートピクチャーモードとシーンに合わせてご自分で選ぶピクチャーモードがあります。詳しくは以下の表をご覧ください。

AUTO PICT
(オートピクチャー)
人物、風景、マクロ、動体モードから最適な撮影モードを自動的に選択します。最適な撮影モードが無い場合は、カメラの標準設定(標準モード)で撮影します。
人 物 人物撮影に適しています。
風 景 ピントが合って見える範囲を前後に深くし、木々の緑や青空などの輪郭・彩度を強調して鮮やかな色の画像に仕上げます。
マクロ 近くにある花などを鮮やかに撮影できます。
動 体 スポーツなど動きのある被写体に適しています。
夜景人物撮影 夕暮れや夜景を背景とした人物撮影に適しています。
ストロボオフ ストロボを発光禁止にします。その他の設定はAUTO PICTの標準モードと同じです。
SCN (シーン) 状況に合わせた8種類の撮影シーンから選択します。

  このページのトップへ


シーンモードにはどのようなモードがありますか?
SCN(シーン)にダイヤルを合わせると、次の8種類の撮影シーンから選択して撮影できます。

夜 景 シャッター速度を遅くして、夜景をきれいに撮影します。
サーフ&スノー 砂浜や雪山など背景の明るい場所での写真をきれいに仕上げます。
テキスト 文字をくっきりときれいに撮影します。
夕 景 夕焼けや朝焼けの写真を美しく仕上げます。
キッズ 動きの多い子供を撮影するのに適しています。肌色を健康的に仕上げます。
ペット 動き回るペットを撮影するのに適しています。
キャンドルライト キャンドルライトの雰囲気を生かして撮影します。
美術館 美術館などストロボを発光させたくない場所での撮影に適しています。

  このページのトップへ


バッテリー・電源関連


使用可能な電池は何ですか? オキシライド電池、CR-V3タイプ充電池(RCR-V3)は使えますか?
CR-V3リチウム電池、単3リチウム電池、充電式の単3ニッケル水素電池、および単3アルカリ電池が使えます。
オキシライド電池、CR-V3タイプ充電池(RCR-V3)は、電圧特性上、ご使用はおすすめできません。
  このページのトップへ


撮影可能枚数、再生時間はどれくらいですか?
各電池による撮影枚数、再生時間は次の通りです。

電池(使用温度) 一般撮影 ストロボ撮影 再生時間
使用率50% 使用率100%
CR-V3 (23℃) 約850枚 約750枚 約650枚 約700分
(0℃) 約560枚 約500枚 約410枚 約470分
単3形リチウム電池 (23℃) 約750枚 約650枚 約550枚 約470分
(0℃) 約670枚 約570枚 約470枚 約400分
単3形ニッケル水素充電池 (23℃) 約560枚 約500枚 約440枚 約350分
( NI-MH ・2500mAh )(0℃) 約500枚 約440枚 約380枚 約300分
単3形アルカリ電池 (23℃) 約90枚 約70枚 約50枚 約140分
(0℃ ) 不適 不適 不適 約70分

※静止画撮影枚数は、CIPA 規格に準じた測定条件、再生時間については当社の測定条件による目安ですが、使用条件により変わります。
  このページのトップへ


*ist DのバッテリーグリップD-BG1 は使えますか? それとも専用バッテリーグリップがあるのでしょうか?
使用できません。 また、専用バッテリーグリップの発売予定はありません。
  このページのトップへ


ACアダプターはありますか?
ACアダプターキット K-AC10J がございます。
  このページのトップへ


使用レンズについて


使用できるレンズについて教えて下さい。
*ist DL2に使用できるレンズは、DAおよびFAJレンズまたは絞りリングにA位置のあるD FA・FA・Fレンズです。詳しくは以下の表をご覧ください。

※35ミリ判フィルムカメラとCCDフォーマットはサイズが異なるため、同じレンズを使用しても写る範囲は異なります。レンズの焦点距離をおよそ1.5倍した数値の焦点距離に相当するレンズで撮影したのと同様の範囲となります。

機能\レンズ [マウント名] DA・DFA・
FAJ ・FAレンズ
[KAF, KAF2] *3
Fレンズ
[KAF] *3
Aレンズ[KA]
オートフォーカス(レンズ単体使用)
(AFアダプター1.7X使用)*1



○*5
マニュアルフォーカス
(フォーカスインジケータ表示の利用) *2
(マット面の利用)






AFエリア(ワイド/スポット) ×*5
パワーズーム × × ×
絞り優先自動露出
シャッター優先自動露出
マニュアル露出
P-TTLオートストロボ *4
分割測光(16分割)

○:使用可能
×:使用不可能
*1 レンズの開放F値がF2.8、およびそれより明るいレンズのみ、A位置でのみ使用可能
*2 レンズの開放F値がF2.8、およびそれより明るいレンズのみ使用可能
*3 F・FAソフト85mmF2.8、およびFAソフト28mmF2.8ではカスタムメニューの「絞りリングの使用」を「許可」に設定した上で手動絞りの範囲でのみ、設定した絞り値で撮影されます。
*4 AF360FGZ使用時
*5 AFエリアはスポットになります。
  このページのトップへ


絞りリングにAポジションのない[ Kマウント]レンズは使用できますか?
また、D FA・FA・F・Aレンズの絞りをAポジション以外に設定した場合は機能の制約はありますか?
カメラのカスタムメニューの「絞りリングの使用」を「許可」に設定することで、一部機能に制約がありますがご使用いただけます。
D FA・FA・F・Aレンズの絞りをAポジション以外に設定した場合、モードダイヤルが オートピクチャー、ピクチャーモード、P, TVになっていてもAV(絞り優先)モードで作動します。 詳しくは以下の表をご覧ください。

使用レンズ 露出モード 制約事項
D FA・FA・F・A・M (レンズ単体、オート接写リングKなどの自動絞り機能のアクセサリーとの組み合わせた場合) AV(絞り優先)
モード
絞りリングを操作しても、絞りは開放のままで絞られません。レンズの開放絞りに連動してシャッター速度は変化しますが、露出の誤差が生じることがあります。また、ファインダー内および表示パネルには、絞り表示がそれぞれ[F--]および[Av--]と表示されます。
D FA・FA・F・A・M・S (接写リングKなどの絞込み機能のアクセサリーと組み合わせた場合) AV(絞り優先)
モード
設定した絞り値で撮影されますが、露出の誤差が生じることがあります。 また、ファンダー内および表示パネルには、絞り表示がそれぞれ[F--]および[Av--]と表示されます。
レフレックスレンズなどの手動絞りのレンズ(レンズ単体) AV(絞り優先)
モード
FA・Fソフト85mm, FAソフト28mm(レンズ単体) AV(絞り優先)
モード
手動絞りの範囲でのみ、設定した絞り値で撮影されます。ファインダー内および表示パネルには、絞り表示が[F--]と表示されます。
すべてのレンズ M(マニュアル)
モード
設定した絞り値とシャッター速度で撮影されます。ファインダー内および表示パネルには、絞り表示がそれぞれ[F--]および[Av--]と表示されます。なお、被写界深度確認操作(プレビュー)を行うと測光スイッチが入り、露出の確認ができます。

  このページのトップへ


67用交換レンズ、645用交換レンズ、および S(スクリュー)マウント交換レンズは使用できますか?
それぞれのマウントに対応した67レンズ用アダプターK、645レンズ用アダプターK、およびマウントアダプターKを用いれば装着できます。カメラのカスタムメニューの「絞りリングの使用」を「許可」に設定することでシャッターが切れるようになります。
露出モードはAV(絞り優先)モード、M(マニュアル)モードがお使いいただけますが、露出の誤差が生じることがあります。また、ファンダー内および表示パネルには、絞り表示が[F--]と表示されます。
また、モードダイヤルがオートピクチャー、ピクチャーモード、P, TVになっていてもAV(絞り優先)モードで作動します。
  このページのトップへ


中判レンズを使用したときとデジタルカメラ専用レンズとでは写る範囲が違うと聞きましたが、どうなりますか?
35ミリ判でも645判、67判でも、焦点距離はレンズ固有の数値です。35ミリ判換算で、レンズの焦点距離をおよそ1.5倍した数値の焦点距離に相当するレンズで撮影したのと同様の範囲となります。
  このページのトップへ


他社製ペンタックス用交換レンズは使用できますか?
お勧めできません。 他社製レンズを使用されたことによる事故、故障などは保証いたしかねます。
  このページのトップへ


パソコン接続・ソフトウェア関連


USB2.0に対応していますか?
USB2.0ハイスピードに対応しています。
  このページのトップへ


*ist DL2のシステム環境について教えてください。
《Windowsのシステム環境》
■USB接続
Windows Me/2000/XP(Home Edition・Professional)がプリインストールされたパソコンでUSBポートが標準で搭載されていること。

■アプリケーションソフト
<PENTAX PHOTO Browser2..1 および PENTAX PHOTO Laboratory2.1>
・OSWindows Me/2000
WindowsXP(Home Edition・Professional)
・CPUPentium III以上 (Pentium4以上を推奨) 
・メモリ256MB以上(512MB以上を推奨)
・モニター 1024x768(1280x1024以上を推奨)で24bitフルカラー(約1677万色)表示可能なもの
・ハードディスクの空容量250MB以上(500MB以上を推奨)

《Macintoshのシステム環境》
■USB接続
・Mac OS 9.01/9.2/X(Ver.10.1以降)がプリインストールされたMacintoshでUSBポートが標準で搭載されていること。

■アプリケーションソフト
<PENTAX PHOTO Browser2.1 および PENTAX PHOTO Laboratory2.1>
・OSMac OS 9.0以上 (CarbonLib 1.5以上が必要)Mac OSX 10.1.3以上
・CPUPowerPC G3以上(G4 1.0GHz以上を推奨)
・メモリ256MB以上(512MB以上を推奨)
・モニター 1024x768(1280x1024以上を推奨)で24bitフルカラー(約1677万色)表示可能なもの
・ハードディスクの空容量250MB以上(500MB以上を推奨)

  このページのトップへ


付属ソフトは*ist D、*ist DS、*ist DLと共通で使用できますか?
*ist DL2に付属の「PENTAX PHOTO Browser 2.1」、「PENTAX PHOTO Laboratory 2.1」(バージョン2.13になります)は共通でご使用いただけます。
バージョン2.13では、*ist D、*ist DS、*ist DL の画像展開が可能です。
ただし、従来の「PENTAX PHOTO Laboratory 1.0 , 2.10 , 2.11, 2..12」では*ist DL2のRAW 画像は展開できません。
※PENTAX PHOTO Laboratoryのバージョンは、ヘルプの「バージョン情報」で確認できます。
  このページのトップへ


*ist D 用のカメラコントロールソフト、PENTAX REMOTE Assistantは使えますか?
*ist DL2は PENTAX REMOTE Assistant には対応しておりません。
*ist DL2でご使用になった場合、カメラに不具合が起こる恐れがありますのでご使用にならないでください。
  このページのトップへ


その他


PIM III(PRINT Image Matching III)・ExifPrint(Exif2.2)に対応していますか?
カメラで撮影したJPEG 画像は対応しています。 但しRAWデータは対象外です。
  このページのトップへ


PictBridgeに対応していますか?
対応しています。印刷モードでは1画像、全画像、DPOF設定が選べます。印刷設定では日付プリント(オン/オフ)、用紙サイズ、用紙タイプ、印刷品質、ふち指定ができます。プリンタの種類によっては、カメラ側の設定が一部反映されないことがあります。
  このページのトップへ


レフコンバーターA、Mは使えますか?
使えます。
  このページのトップへ


ステレオアダプターDセットとは何ですか?
立体写真を撮影するステレオアダプターと画像を鑑賞する3Dイメージビューワーのセットです。ステレオアダプターをレンズの前枠(フィルターネジ径52mm)に取り付けて撮影することにより、1本のレンズで左右の視点の異なる像を作り、それを1枚の画像の左右に分割して記録させます。記録された画像をプリントアウトし3Dイメージビューワーで覗くと、簡単に立体画像が鑑賞できます。*ist Dシリーズのカメラでは、撮影レンズの焦点距離を35mm前後(35ミリ判換算で約50mm相当)にし、被写体との距離が約1.5~4mで撮影すると、効果的な立体写真が撮影できます。
  このページのトップへ


デジタルプレビューの操作方法は?
「Cカスタム」メニューのプレビュー方式でデジタルプレビューと光学プレビューの選択で、デジタルプレビューを選びます。

撮りたいものにピントを合わせてから、ファインダーで構図を決めて電源レバーをプレビューマークに合わせると、シャッターが切れて、液晶モニターに画像とプレビュー中を示すアイコンが表示されますので、構図、露出、ピントを確認できます。
シャッターボタンを半押しするとデジタルプレビューが終了し、カメラが合焦動作に入ります。
デジタルプレビューで表示した画像は記録されません。
デジタルプレビューで白飛び警告またはヒストグラムを表示することができます。「▼再生」メニューの「ビュー表示」(p.173)で設定します。
デジタルプレビューの表示時間は最長60秒です。

ヒストグラム表示なし   ヒストグラム表示あり

  このページのトップへ


こんなときは


ストロボ撮影時、ストロボが連続で発光してしまうが、故障ですか?
AF.S(シングルモード)では、内蔵ストロボが上がっているときは、被写体が暗い場合には、シャッターボタンを半押しすると自動的に内蔵ストロボがマルチ発光され、オートフォーカスのピントが合いやすくなります。ただし、ピクチャーモードの動体モードおよびストロボオフモードでは作動しません。
  このページのトップへ


初期設定時に日本語以外を設定してしまいました。設定変更方法を教えてください。
初期設定画面は最初に一度だけ表示されます。設定を間違えた場合はそれぞれ個別に設定する必要があります。

▼言語設定(表示が英語などの外国語から日本語に修正の場合)

(1) 「電源」ボタンを押す。(撮影モード)
(2) 「MENU」ボタンを押す。
(3) 「十字」キーを右に2回押して設定画面(英語の場合Set-up表記)にします。
(4) 「十字」キーを下に5回押して、「Language/言語」を選択します。
(5) 「十字」キーを右に1回押して「Language/言語」画面を表示します。
(6) 「十字」キーにて、希望する言語を選択します。
(7) 「OK」ボタンを押す。(設定画面に戻ります。)
※続いて日時設定を行う場合は ▼日時設定の(4)へ進んでください。
(8) 「OK」ボタンを押す。(撮影モードに戻ります。)

Set-Upメニュー   日本語を選択

 

▼日時設定

(1) 「電源」ボタンを押す。(撮影モード)
(2) 「MENU」ボタンを押す 。
(3) 「十字」キーを右に2回押して設定画面(日本語の場合)にします。
(4) 「十字」キーを下に3回押して「日時設定」を選択します。
※▼言語設定(7)からの場合 「十字」キーを上に2回押して「日時設定」を選択します。
(5) 「十字」キーを右に1回押して「日時設定」画面を表示します。(表示スタイルが選択されます)
(6) 「十字」キーを右に1回押して表示スタイルの年月日を変更可能にします。
(7) 「十字」キーの上下のキーで表示スタイルを選択します。(「年/月/日」を選択とします)
(「年/月/日」:日本、「日/月/年」:欧州、「月/日/年」:欧米)
(8) 「十字」キーを右に1回押して表示スタイルの時間表示を変更可能にします。
(9) 「十字」キー(上/下)で12h(12時間表示)と24h(24時間表示)のいずれか選択します。
(10) 「十字」キーを右に1回押して、次に下に1回押して「日付」を選択します。
(11) 「十字」キーを右に1回押して、「年」を選択して「十字」キー(上/下)を押して設定します。
(12) 「十字」キーを右に1回押して、「月」を選択して「十字」キー(上/下)を押して設定します。
(13) 「十字」キーを右に1回押して、「日」を選択して「十字」キー(上/下)を押して設定します。
(14) 「十字」キーを右に1回押して、次に下に1回押して「時刻」を選択します。
(15) 「十字」キーを右に1回押して、「時」を選択して「十字」キー(上/下)を押して設定します。
(16) 「十字」キーを右に1回押して、「分」を選択して「十字」キー(上/下)を押して設定します。
(17) 「OK」ボタンを押す。(設定画面に戻ります。)
(18) 「OK」ボタンを押す。(撮影モードに戻ります。)

設定メニュー   表示スタイルを設定

日時を設定   時刻を設定
 

  このページのトップへ

ページの上に戻る

ページトップへ