• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート
連載コラム 写真三昧 SHASHIN ZANMAI
プロフィール

 

安藤 智仁
あんどう ともひと

 

日本大学芸術学部写真学科で写真を学ぶ。カメラ片手の鉄道の旅を愛する。東京の懐かしい風景を集めた「東京レトロ」をライフワークとして活動中。愛機はPENTAX 645D。リコーイメージング(株)販売サポートチーム所属。
現在全国で開催されるフォトセミナーの講師として活躍。フォトマスターEX。夜景鑑賞士2級。2014年3月写真展「Andy's Photo JourneyⅤ」を開催予定。

リンク ペンタックスファミリー 光と色の反射率 by Dr.M

K-30ファーストインプレッション

いよいよ発売のデジタル一眼レフカメラの新製品「K-30」の試作機を使う機会に恵まれました。写真と共にファーストインプレッションをお伝えしようと思います。

最初に手にして驚くのはグリップの握りやすさです。ペンタックスファミリーの撮影会で参加者の方に試していただいた際にも皆さん口を揃えて「ひょっとするとK-5よりも持ちやすいのではないか」というくらいに手になじみます。防塵防滴を実現するためにしっかりと作りこまれたボディからはしっかりとした安心感が伝わってきます。

前後に電子ダイヤルを搭載

前後に電子ダイヤルを搭載

電子ダイヤルのカスタマイズ

電子ダイヤルのカスタマイズ

前後に「電子ダイヤル」が付いていることに気づくと、このカメラは中級機並みのポテンシャルを秘めたカメラだということにすぐに認識させられます。このワクワク感。すぐに自分はMENUから「電子ダイヤルのカスタマイズ」を呼び出し、「Avモードの時に後電子ダイヤルで絞り、前電子ダイヤルで露出補正」という使い慣れた設定にしました。このような柔軟なカスタマイズができるのはとてもうれしいことです。

 

まだ試作機ではありますが、ハイライトの伸びがよくシャドー補正も自動になり自然な効果が得られ、こんな光の溢れる天気の日でも気兼ねなく大胆な露出で撮影することができました。また約100%視野率のファインダーということで自然とフレーミングにも力が入ります。

 

HDR3 デジタルフィルター
(ミニチュア&ベースメイク)

創作意欲を刺激する様々なエフェクト機能もブラッシュアップされています。HDR(ハイダイナミックレンジ)は効果とブラケットの幅が選択できるようになっており、従来よりもはっきりとした映像効果が表れます。デジタルフィルターのミニチュアはベースメイクで彩度とコントラストをあげてから適用するとより効果的です。

 

一日の締めくくりに東京タワーをパチリと押さえました。ISO1600です。
2枚目は多重露出を試みました。ライブビューでのAFもグンと早くなったのでこのような撮影も快適です。(一枚通常撮影後にピントをはずした画像を重ねました)

 

丸半日ほどじっくりと撮影をしましたが、手の中への収まりの良さ、きびきびとした動きや安定した露出と色、と創作意欲を非常に掻き立てられるカメラであることは間違いなさそうです。今回は試作段階の機材ということである程度制約のある中での撮影でしたのでまだまだお伝えしきれていない部分が沢山あります。それらについてはまた別の機会にお伝えしていきたいと思います。ぜひ皆さんも一度ショールーム(現在PENTAX FORUM、大阪サービスセンターで展示しています)や店頭でその魅力の一端に触れてみてください。

 

<お知らせ>
「K-30」はペンタックスリコーオンラインショップでもお求めいただけます。発売キャンペーン実施中。http://store.ricoh-imaging.co.jp/c/c101530/
ペンタックスファミリーではフォトスクール「K-30使い方」を7月より東京・大阪・名古屋にて順次開校します。製品の貸出もできますので購入をご検討の方もぜひご参加ください。
東京http://school.ricoh-imaging.co.jp/rim_school/
大阪http://school.ricoh-imaging.co.jp/rim_school/osaka/
名古屋http://school.ricoh-imaging.co.jp/rim_school/nagoya/